<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

#150 LOU「泣いたり笑ったり忙しい君に/蒼い月の夜-Lady In Blue-」

                 祝☆150回!


b0024020_19524426.jpg


つづきをどうぞ
[PR]
by satton07 | 2008-01-22 21:19 | ウチのCD棚 | Comments(0)

雪降ってるよぉ

今年最初のバンド練習。
去年暮れからなんだか行き詰まりモードだったので
いろいろ話もしつつ
原点へ戻ろうかっつうことで
一番始めのころにやっていたノリの曲をやる。
そしたら、あれだけくすぶってたことが
ウソのようにすっきりした。

ボーカルがいなかったので、自分も何曲かうたった。
普段打ち込みしながらうたうことはあれど
このバンドで歌うのは初めて。
人前で歌うのってかなり抵抗があるのです。
声にクセもあるし、なんとなく恥ずかしいし。
けどですね。
今日はそれができそうな気持ちだったのです。
で、実際にやってみたら、ものすごく楽しい。
アドリブめいたことまでできた。
声が勝手に出る。信じられん。
なんでこういう気持ちになったのか、それが答えということです♪
たいせつなことは
なにを出しても受け入れられ、受け入れようというその心意気。
あともうひとつ。
これでいいのだ!っつうノリ、というかそういう自信。
この際半分くらい勘違いしててもいいんじゃないでしょうか。
バカボンのパパはなかなかいいこと言いますよね。
これでいいのか?と勝手に考える性質の人間ならばなおのこと。
これでいいのだ!ぐらいのノリが
ちょうどいいのかもしれないな、って思った。

なんだ。この中学生の作文みたいな結論は(笑)。


と、いろいろやりつつ
今日は久々電車で行ったので、帰りも電車。
最寄りの駅に着くと、すっかり雪化粧でした。
北摂は雨模様だったので大丈夫かなと思ってたら
堺は意外にも雪が積もっております。
明日は寒そうですねーこりゃまた。。。
[PR]
by satton07 | 2008-01-21 01:20 | Diary | Comments(0)

マッキーファン必見(笑)

ROLLYことローリー寺西が槇原敬之の従兄弟つうのは
けっこう有名な話ですけど
そのローリーがマッキーの曲を歌ってたのって知ってます??
ちょうどYOUTUBEでアップされてたので、貼り付けておきますぜい。

アルバム「Cicada」でマッキー自身もセルフカバーしているんですけど
「Name of love」という曲。
アルバムの中でも好きな曲のひとつです。
マッキー版と違った色合いがあって、けっこうぼくは好きですね。
いつものローリーっぽくないところもまたいい感じだし。

1.jpg2.jpg3.jpg
Convert»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com


ね。いつものローリーっぽくないっしょ。
[PR]
by satton07 | 2008-01-19 17:04 | Diary | Comments(2)

#149 野宮真貴「Lady miss warp」

b0024020_153637.jpg野宮真貴「Lady miss warp」


発売:2002/11/7
GEMMATIKA Records ¥2,100



久しぶりでもう一発得意のpop系で。
これねー、いつかここで紹介したくてですね。
気づけば4年近く経ってました(笑)。
元ピチカートファイブの野宮真貴の初のソロアルバム。

彼女は最も好きな日本人ヴォーカリストのひとり。
ポップなサウンドにぴったりとはまるこの声がたまらんのです。
ピチカートファイブの頃から好きです。
ある種、自分の中での理想形でもあります。
こんな声の女性が現れたら、間違いなく好きになると思う(笑)。
声フェチか。オレは。

それはさておき。
音楽で時間旅行がテーマになっているコンセプトアルバム。
音楽でいろんな場所や時代に旅行してる気分。
ふつうに楽しめるアルバム。
ドライブなんかに連れて行きたい一枚。
ちなみにこのアルバムの作家陣も自分好み。
サウンドプロデュースが高野寛。
草野正宗やトライセラトプス、クレイジーケンバンド、
スーパーバタードッグが楽曲提供やプレイヤーで参加。
スタイリッシュなポップスって感じ。
トライセラやバタ犬とのコラボは、エッジが効いててなかなかいい!
そして槇原敬之もセルフカバーした「さよなら小さな街」を提供。
こっちはアレンジを東京パノラママンボボーイズのコモエスタ八重樫が担当。
TPMBについてはこちら参照。ずいぶん昔にここで紹介済み。
個人的には非常に好きなミュージシャン揃いなので
ことあるごとになにかと聴くことの多い一枚。
[PR]
by satton07 | 2008-01-19 01:06 | ウチのCD棚 | Comments(0)

#148 Chappie「NEW CHAPPIE」

b0024020_22592519.jpgChappie「NEW CHAPPIE」


発売:1999/10/10
Sony music entertainment ¥3,059



ものすごーくひさしぶりに書きますウチのCD棚。
何にしようかと思ったのですが
ちょっとだけ懐かしい1枚を。
ちょっとだけっていっても、発売は1999年。
もう10年前になるの??早い。早すぎる。

最近になってまた聴きたくなり、BOOK OFFで手に入れた。
オープニングナンバーの「Welcoming Morning」は
とくにインパクトが強く、当時は繰り返し聴いたものです。
草野正宗と松本隆が手がけた「水中メガネ」も当時よく流れてましたっけ。

Chappieとは、
このアルバムのアートワーク全般も担当している
デザイナー集団GROOVISIONSが手がけた着せ替えキャラ。
同じ顔なのに、服装や髪型、アクセサリーを変えると
まったく別人のようになるのです。
このアルバムは、そのChappieをメインキャラに据えて作られたアルバム。
Vocalが誰かはいっさい伏せられているのも謎めいていておもしろい。
かなりの凄腕を集めてるんじゃないでしょうかね。。。
たぶんあの人じゃない??ってやつもあるんですけど。。。
(全曲あわせて「Chappie」という設定になっているのもユニーク)。
こういうコンセプトアルバムって好きですね。
アルバムすべてを通じてひとつの作品になっているという発想とか。
ちなみに、サウンドを手がけている人々もなにげに凄腕ぞろい。
ティンパンアレーに井上陽水、松本隆、小西康陽、草野正宗、pal@pop。
COILや川本真琴も参加してましたっけ。

ポップス好きならきっと気に入るのではなかろうか。
音楽としてオシャレなのはもちろん
音楽、アートワーク、全体のコンセプトともに
一本筋が通ったひとつのアート作品として仕上がっているのが
なんともすてきだ。
[PR]
by satton07 | 2008-01-17 23:19 | ウチのCD棚 | Comments(0)

できたーーーっ☆

b0024020_22434086.jpg


More
[PR]
by satton07 | 2008-01-14 23:21 | Diary | Comments(0)

まあいろいろと。

んー。ここで書くのもどうかと思うが
ここんとこ、どうも仕事がノらない。。。
愚痴になるからあんまり書かないけれど
ひじょうに大雑把にぶっちゃけると
なんだかやたらと頼られたり気を遣われる割には
必要とされてる感があまりしないというか。
とか都合いいこと書きつつ
よく考えてみたら自分もいろいろそこに甘えていたりもするし
いちいち腹立てたり、もーって思う自分もまだまだであるとはいえ
んー、やっぱりやだなあ、こういうの。

まあ、食ってくためには働かねばならないんだけど
なんだかそういう毎日にすこし違和感がある今日この頃。
なんだろう、この「とりあえずこなして行きましょう」感は。

などとネガティブなことを考えてしまうので
仕事から帰ってきて、近くのスーパー銭湯でだらけてきた。
たいした仕事してないのに
気分的になんだか疲れてたようで
思いのほかリフレッシュ。
ひさびさに頭がからっぽになった。

ここんとこマスタリングしてる音源をCDに焼いて
適当にドライブしつつ
カーステレオでサウンドチェックなどしながら帰る。
カーステで聴いたら、微妙にヘボかった。
音のバランスは悪くないんだけど
横の広がりがないし、なんだかこじんまりした響き。。
明日いろいろ試してみよう。そうしよう。
[PR]
by satton07 | 2008-01-12 01:20 | Diary | Comments(2)

さいごの総仕上げ。中

来週末に完パケさせる予定にしてる
CDのマスタリングっちゅう作業をしています。

曲をつくったりアレンジしたりっつう作業は
ずいぶん慣れたので
実のところそんなに時間を費やすこともなく
むしろ一番楽しい作業。
ミックスは去年のコンテストの頃からようやく真剣に取り組むようになり
こちらもずいぶん慣れてきたので
だいぶ時間の短縮化がはかれるようになってきたのですけど
マスタリングっつうのは今回が初めて。
けど、この作業って一番大事じゃねえか、ってことを
いやってほど思い知らされております。
マスタリングってなに??って方のために
なんちゃって知識の披露がてら、少し解説すると
ミックスを終えた楽曲に
音圧や音量、音質を調節して
できあがった音源を、CDなどを通じて
ひとに「聴かせる」ための音源にする作業。
たとえばちょっとLA風な開放的な雰囲気の音に、とか
J-POP風なボーカルとリズムを聴かせる音に、とか
UKロックのようなダークなサウンドに、とか
サウンドの方向を決めるような感じとでもいうんでしょうか。
CDに収録しようとしている全曲を
もう一度聴き直して、それぞれの曲にふさわしいと思われる形に
サウンドを調整してる真っ最中です。
とはいえ、そんな知識は皆無に等しいのです。
頼りになるのは、過去に聴いた音源。
でも、さすがにそれだけではちょっとわからないのです。
いろいろあるエフェクトに、どんな効果があって
どんなときにどのエフェクトを使えばいいのかも
いまいちよくわからないので
それ系の雑誌を買って、いろいろ真似たり参考にして
音を作っているところ。

で、実際にいろいろ試行錯誤するうちに
ようやく形がみえてきました。
そうかあ。こんなことをすれば
ほんもののドラムっぽく聞こえるのかあ、とか
低音がしっかりした音はこうやってつくるのかあ、とか
音の躍動感とか手触り感は、マスタリングでつくるのか、とか
そういうことが改めてよくわかるものですね。
シロウトでも、それなりの仕上がりになってきました。
てゆっか。
アレンジしたときのサウンドから、見違えるほど変わってきた!
CDにするのがちょっと楽しみ。

しかし。自分はといえば
レコーディングエンジニアには向いてないっすね。
アレンジしたり曲書くのとは違う脳が必要なのかも。
イメージはあるけど
イメージを具体化するためにどういう技術を駆使すればいいのかがわからん!
[PR]
by satton07 | 2008-01-10 01:05 | Diary | Comments(0)

社会復帰

ついさっき、自宅に帰ってきました。
実家に1週間くらいいるうちに、完全スイッチオフになってました。
明日から通常モードかと思うとちょっぴしユウウツです。
はあ、先週の今頃は
まだ1週間もあるぜヒャッホーとか思ってたのに。。。
えーい時間よ戻れ(苦笑)。

きっと皆さんもそうなのでしょうか、と
そう思い少しだけ自分を勇気づけて
明日に備えようかな。。。ってところです。

さて、止まってたモノ作りも復活させっぺ。
[PR]
by satton07 | 2008-01-06 22:26 | Diary | Comments(0)

ことし一発目。

YAMAHAのMY SOUNDでコンテストがあるらしい。
1月2月、実はけっこう忙しかったりするのだが
出てみようかななんて思っています。
なんつったって、目標がある方が
やる気も俄然ちがいますから。

カヴァー曲のオリジナルアレンジってのがあるようなので
それで出してみようかなと思っております。

いわゆるPOPな感じの作品ばかり作ってたので
今回はROCKを素材にしてみようかと考えております。

とはいえ、取りかかり始めるのはもう少しあとになりそう。
いま仕上げてるやつのカタをつけなければ。。。
[PR]
by satton07 | 2008-01-06 01:44 | Diary | Comments(2)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧