<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ついでにいろいろみっけた

以前ここでPerfume紹介しましたけど
今年に入って、世はエレクトロ、テクノポップ花盛りですね。
自分も、ここ1年ほどエレクトロにハマってますが
そのきっかけは、流行とは別のところです。
テレビでもラジオでもなく
友だちがずっと前から持ってたCDを借りたというただそれだけ。
槇原敬之が好きなので
もともと好きなのです。ああいう音楽。

けど、こうも世の中に溢れ出しはじめると
逆に冷めちゃいます。
そう。ゆずがブレイクしてきたあのときのように(笑)。

サザンの新曲もしっかりテクノテイストまぜまぜですしね。
世の洋楽にも、ノイジーなSEがそこはかとなく散りばめられてます。

さて、世にテクノポップいろいろあるといえど
自分の中のテクノポップの名曲といえば
「コンピューターおばあちゃん」ですね。何をおいても。
意味のない歌詞もステキです。

これ、みんなのうたでヒットした曲で
作ったのはシロウトの方です。
それを坂本龍一がアレンジしたのが、このバージョン。

1.jpg2.jpg3.jpg
Convert»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com


原曲もさることながら
自分はこのバージョンに、ぐっときました。
決して「萌えました」という意味ではございません。
コズミックインベンション。80年代に出てきた
中学生のグループ(だったはず)。
バンド小僧じゃなくて、テクノ小僧ってのが渋い。
ちなみに後ろでシンセ弾いてるひとりは
現在もアレンジャーで活躍してる、井上ヨシマサさんだそうです。
そんなことしてたんですか。

div>コスミックインベンション"コンピューターおばあちゃん"
1.jpg2.jpg3.jpg
Convert»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com



ちなみに、こちらのバージョンもすてきですよ〜。
POLYSICSのバージョン。
サウンド的には一番自分のイメージに近いかな。
ロック的な解釈が痛快!

コンピューターおばあちゃん!
1.jpg2.jpg3.jpg
Convert»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com


これ系な曲でいうと
「パタパタママ」も名曲です。
こういうお母さん、最近じゃ減ってきたのでしょうか。。

パタパタママ
1.jpg2.jpg3.jpg
Convert»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com



ポンキッキ系の楽曲には印象深い作品が多いです。
この曲や「おっぱいがいっぱい」みたいに、妙にリアルな曲も多いですが
「およげ!たいやきくん」のように
ありえないけど
そんなのどうでもいいやと思わせてしまうような楽曲に
器の大きさが感じられます。
楽曲そのものの器の大きさもさることながら
それを受け入れている
文化なり空気感があったということなのでしょうか。
最近で言うなら、そうそう。
「ポニョ」なんかがそうかもしれません。

と、こんな感じで
Youtubeめぐってて見つけたテクノ系をもうひとつ。
テクノポップ全盛期の80年代前半。
こんなバンドあるんやあ、って思ってみてたら
松居慶子?どっかで聞いたことがある。。。
ジャズピアニスト、ですよね?
へえ、こんなのやってたんだ。
てか、これ、どっかで聞いたことある。
白いピアノでフュージョンて!と、つっこみたくなりますが
今聴くとけっこう新鮮。
なんとなく、シャカタクの「Nightbirds」に似てますね。
てか、「レッツゴーヤング」みたいな番組に、こんなしぶいバンド出てたんですね。
って、そっちの方でもびっくりです。

JAPAN SYNTHESIZER BAND COSMOS
1.jpg2.jpg3.jpg
Convert»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com

[PR]
by satton07 | 2008-08-31 01:47 | Diary | Comments(0)

Rainy Day

今日は雨。。。
久々に、昼まで寝てました。すっきり☆

***

昼から、指揮法の課題にとりくみました。
ビデオで自分の指揮を収録せねばならんのです。
微妙に面倒臭いし、なんか恥ずかしいのだが、これも単位のため。
とはいえ、ビデオカメラを持ってないので
いつもバンドでお世話になっている、Aちゃんのお母さんから
ビデオカメラを借りて、Macとつないで録画♪
はじめてiDVDとiMovie使いました。便利だ〜。
ビデオカメラとか、あんまり興味なかったし
ビデオを使ってなにかを表現しようという具体案もないので
いまのところ、本格的に使う予定はなさそうですけど
なにかのきっかけで使うようになったら、間違いなくハマるんでしょうね。
あとはレポートを仕上げれば、提出できる☆


****


先日、レイジー・ルーズ・ブギーのことに触れましたが
80年代後半から90年代にかけては
世間のありとあらゆる耳が、ド派手でダンサブルな楽曲に気を取られてる間に
しっとりしたうたがあんまり陽の目を見なかった頃かな、なんて思います。
けっこうな隠れ名曲が溢れてます。
きょう、ネットを見ててふと思い出した
原田知世の「Tears of joy」もそのひとつ。
この曲を聴いて、原田知世って
アイドルじゃなくて歌手なんだ、と認識しました(笑)。
当時中学2年だったと思うんですけどね。
当時フジテレビのワイドショーかなんかの
エンディングテーマだったと思うんです。
この曲を聴きたくて、授業が5時間めで終わる日なんかは
早く家に帰って、テレビつけたりしてました。
知ってる方、おられますでしょうか、ね。
最後に半音上がる転調が、ググッときます。
こういう展開が当時はだいすきで
そんな曲ばっかし作ってました。あらゆる転調を試してましたね。
Youtubeで動画発見!2001年にシングルでセルフカバーしてたんですね。
この頃聴いていた音楽の影響は、かなり大きいのかも、という感じがします。
そのうちカヴァーしてみたい曲のひとつです。
どことなく「ゆうやけ」系なアレンジにクスッとしますが(笑)。
ちなみにこのアレンジは羽毛田丈史さん。

[PV]HARADA Tomoyo - Tears of Joy.
1.jpg2.jpg3.jpg
Convert»»  PC/iPod - Mobile - MP3 - IMG
Powered by TubeFire.com



***

9月13日から2泊の予定で、東京へいくことになりました。
友人と1年ぶりの逢瀬。
そしてもうひとつの目的は、、、ライブ出演♪ むふふ。
お盆に大阪へやってきた、まつこふさんが地元で開いておられるライブに
なんとゲスト出演させていただくことになりました。
関東での初ステージ(笑)。
セッションのほか、ピアノソロでなにかやる予定。
詳細は、9月に入ったらまとめてアップします。

***
[PR]
by satton07 | 2008-08-31 00:14 | Diary | Comments(2)

検索ワードをみて

うちのblog、何で検索して来てはるんやろ、って
ふと気になって久々にアクセス解析見てびっくりした。


うちのblogの検索ワード第1位、なんやと思います??


それは。。。

More
[PR]
by satton07 | 2008-08-26 00:12 | Comments(0)

話すことはだいじだと思う。

金曜は仕事のあと、イベントの打ち合わせ。
9月23日に、
いつもなにかとお世話になっているところで、イベントします。
家族と地域を考える講座のプログラムの一回といことで
プロのスティールパン奏者さんを呼んで、ミニコンサート。
コアな音楽好きにはたまらんです。
自分も、司会と進行、いわゆるMCでしょうか、をおまかせされていて
前座で少し演奏もさせてもらうことになりました。
アーンド、ぜひセッションやろうよ、ということで
スティールパンとのミニセッションもさせていただくことになりました♪
なにせプロの方とできるつうのは、そうそうないことですし
いまから楽しみです。
近々詳細アップします。

打ち合わせ終了後、一部のメンバーでそのまま食べ&飲みに。
そこでの時間が、これまた久々にいい時間。

さいきん、いろんな出来事、話、ことばetcが
みんなどこかでつながっているのかもしれない、と思わされることが続いてます。

たまたま一緒に食べにいったメンバーのなかに
現役の小学校の先生がおりまして
いまの現状というか、かなりシリアスな現実も含めてお話が。
スクーリングでもたまたまそんな機会が続いていたので
したいこととできることについて、
すこし客観的に吟味するときなのかもしれません。

自分が一番したいことは音楽であって
それ以外のことにほとんどの時間が費やされてしまうのならば
それはそれで本末転倒なのかも。

本当に自分がやってみたいことについて考えたとき
別に選択肢はひとつでもないのかな、と。
やりたいことのために仕事で金を稼ぐ、という考え方もあるわけです。

アタマで描くだけではなにも解決しないので
具体的に、したいことについて
どんどんアクションを起こしていこうと思います。
ようは「すべてのひとに音楽を楽しんでもらいたい」という
自分の中のコンセプトさえぶれなければいいわけで♪


というわけで。
結局市内某所の隠れ家パブで
3時間以上、自分のお悩み相談大会。
いつもお世話になっている、仕事仲間ご夫婦。
ほんまに感謝。
[PR]
by satton07 | 2008-08-23 14:59 | Comments(0)

おぉ!

仕事帰り、途中下車して楽器屋さんへ。
いろいろ用事もありまして。
で、昨日の件。サウンドデザイナー、見つけました☆
ほんまや!名前載ってました。
短いレビューだったので、そんなに詳しく載ってるわけでもなかったのですが
雑誌に自分の名前が載るのって、悪い気分じゃないです。
でも、できたらもう少し詳しいコメントも欲しかったかも。。。
ま、いっか。
ジャケットとのバランスもいいですね、って☆。
嬉しいっすね。こういうコメント。

***

家に帰ってメールチェック。
まつこふさんから先週の音源が☆
いやあ、はずかしいぃ〜。
何がって、当日のトークも全部収録。

音源ももちろんいい感じだったんですが
さらに興味深かったのは、このトーク部分。
へえ、そっか。自分ってこんな喋りをしてるんやあ。と。
ほわんとしてますね。なんとなく。
客観的に喋りと演奏を聴いてみて
われながら「なるほどなあ」、と思いました(笑)。
ちょっと激しい曲調にもチャレンジしてみようかな〜。
いい意味で、もっとドロドロした部分も出せたらいいかな、と。

***

そんなわけで、今夜は
「Yokohama Date」ピアノ2台版を聴いて寝ます。
[PR]
by satton07 | 2008-08-22 00:27 | Diary | Comments(0)

ふひぃ

休み明けの週は、なんとなくだるーいです。
早く寝ようかなとおもいます。

今日は、後期の単位取得の作戦なんかを練っていました。
冬に器楽合奏と西洋/日本音楽史のスクーリングを取る予定なのですが
これが、最後の悩みの種。。。
つうか、悩みの元凶は、そもそも予定通り無事受講できるのかどうかというところ。
いまのところ、予定は空けていて
仕事関係の用事も重なってないのですが
かなり、微妙なところなのです。
すべては、首相の判断ひとつにかかってるんです。。。
ま、あれこれ考えてもしかたないので
いくつか保険をかけておいたほうがいいかな、と模索中。
けど、最悪ピアノ声楽の試験を棒に振らないといけない可能性も。。。
そ、そ、それだけは。。

***

久々に読書といいますかマンガを。
二ノ宮知子の「平成よっぱらい研究所」。抱腹絶倒です。
「のだめ」の作者の別作品なんですが
この方、相当の酒豪だそうでして
数々の酔っぱらい列伝が綴られていますが、半端じゃありません。
昔、ブラスをやってた頃難波でしこたま飲んで
記憶が飛んだ挙げ句に楽器を間違えて持って帰ったことなんて、可愛らしい。
酔っぱらって、じゃんけんに負けたやつが
着ぐるみでマクドへ入りバリューセット注文したことなんて、可愛らしい。
酔っぱらってバカになっちゃった経験のある方なら、
きっと勇気づけられるような、そんなバカ話満載。
酒好きの方、ぜひ☆


***


以前、「サウンドデザイナー」という雑誌のデモテープコーナーに
「ねいろにっき」を送ったのですが
どうやら8月9日発売号で紹介されているようです(まだ未確認)。
ネットで公開可、としていたので
サウンドデザイナーのサイトのデモテープ紹介コーナーで
自分の音源が期間限定で紹介されています。
そーいえば、と思って見に行ってみたらアップされてたので
思わずびっくり。
紹介されてるのは「駅、西口にて。」。やっぱりなあ〜。
あのアルバムでは、一番異質だったので
紹介されるなら、あれかなあ、という気はしてたので。。。
明日、仕事の帰りに楽器屋に寄って、雑誌開いてみます。
[PR]
by satton07 | 2008-08-20 23:49 | Diary | Comments(2)

お盆終了☆

b0024020_2359127.jpg



お盆休み、つうか
お盆のスクーリングも終了して、通常出勤モードに切り替わっています。
なんだかんだいって、学生生活ってホント現実逃避的ですね(苦笑)。
ある意味、責任や義務感とは少し遠い場所で過ごせるわけですから。
しかも好きなこと勉強できるわけだし。

今回のスクーリング。
合唱Ⅰ/Ⅱ(2単位)を一緒に受講した仲間がたくさんいたので
木、金と二日続けて天王寺へ繰り出して飲みに行ってました。
全国津々浦々からきてるメンバーですし
なかなかそんな機会もないし
これからもがんばりましょう、とか
今後もよろしく、という意味も込めて
交流を深めてました。
ある意味スクーリングで最も意義深かったかも(笑)。
そんなわけで、一日目は、大阪らしいものを食べにいきましょうということで
阿倍野にある某たこ焼き店へ。
自分も久々に行ったんですけどね。
やっぱし、関東の人々からすると、たこ焼きはかなり非日常的なものみたいです。
関西みたいに、普通に屋台があって、というわけでもないみたいですね。
みなさん喜んでるのをみて、自分も思わず嬉しくなり一枚。
まるで自分も観光客かよ、ってノリですが。
ここのたこ焼き、結構好きなんですよ☆
お店の名前、いつも忘れてしまうんですが、美味です。


****


と、そのスクーリング。
日曜で無事終了しました。
僕がこの夏申請してたのは、件の合唱ⅠⅡ(2単位)と、音楽科指導法(4単位)。
月末に器楽合奏法(1単位)を申請しようと思ってたのですが
課題が間に合わず冬に持ち越し。。。
けど、課題提出のみの科目も含めていくと
この夏で随分単位取得できそうです。
音楽の教職をとるためには、法律で定められた必要な単位があるのです。
自分の場合は、すでに他教科の免許を持ってるので
専門科目と教科指導法で不足分の
30単位を申請しております。
具体的には
・楽典
・ソルフェージュ
・器楽(ピアノ/声楽)
・器楽合奏法
・西洋/日本音楽史
・合唱
・指揮法
・作曲法
・伴奏法
・音楽科指導法

の、10科目。
この夏が終わる段階で
残すところ、指揮法の課題と、器楽合奏法/音楽史のスクーリング。
ピアノ/声楽はレッスンあと1回とレポート1回、最終試験。
音楽科指導法の試験をクリアせねばなりません。
作曲法と器楽合奏のレポート課題が再提出にならなければ、の話ですが(苦笑)。
折り返し地点を回ったかな、って感触です。
(あくまで)予定通り行けば、今年度末には免許が取れる可能性大!
がんばれ、自分。


***


スクーリングを終えてみて思うのですが
今回のスクーリングは、いろんな意味で意義深かったです。
もちろん、先日の記事にも書いた通り
同じ目的を共有できる人たちと出会えたということも
大変貴重だったわけですが
一方で、現職の先生やってる方から
現場の厳しい現実ってのを聴かせてもらえたのも
自分にとっては貴重でした。
正直なところ、自分はほんとにやっていけるのか?という気持ちが
けっこうな割合で感じたのも事実です。
中学校の先生やってる方から聴いたお話では
教科指導は2割くらい。あとの8割は生徒指導。
むしろその生徒指導ができるかどうかがポイントやと思っといた方がいいで、とか。
特別支援校は、生徒との関係もさることながら
教員どうしの人間関係がかなり絡んでくるよ、とか。
高校の先生やってる方からは
困難校へ行くと、中学校同様に教科指導より生徒指導がメインになるよ、とか。
まあ、まさにこれぞ現実、という感じのお話でした。
結論はというと
それでもやりたい、って思うなら飛び込んでこい!ってことなんですけどね。
もちろんあ、大変なことばかりじゃなくて
一瞬だけど、その大変さを打ち消すくらいの嬉しさも味わえるけどね、と。
音楽を核にして指導に取り組む、ということはできるかもしれないけど
音楽ばっかりやりたい、っていうのならちょっと違うかもね、という感じ。
その辺は、今後自分の中で要相談です。
相談するにも、現場のことをあまりにも知らなさすぎる自分も一方でいますし
できたら、なにかの形で学校に関わることをやりたいな、と思っているところ。
やりたいことをやるためには
100%思い通り、なんてなくて
どこかを我慢する、というか折り合いをつけないといけないことが
あると思うのですが
その辺の覚悟はつけておいた方がいいですね。
と、いろいろ思いつつも
音楽のおもしろさや、魅力、可能性については再実感。
その辺はこれからもきっとずっと変わらなだろーな、って思った。

ま、そんなかんじです。






***

というわけでおまけ。
関東から来たメンバーのひとりが「ぜひ写真に収めて帰りたい」ということで
新大阪へ送る道すがら、クルマで立ち寄ってみました。
ホテル近くで見つけて激しく反応していたそうです。
関西在住の方、知ってたらコメントよろしく(笑)。



b0024020_0443141.jpg

                 ドゥーン。
[PR]
by satton07 | 2008-08-20 00:45 | Diary | Comments(0)

いいお盆です☆

世間はお盆休みのようですが
自分は、木曜から夏のスクーリング第2弾に通っています。
いまは、音楽科指導法の講義を受けています。
そういえば音楽の授業ってどんなんだったっけ、と思い起こしてみても
あまり印象にないんですよね。
当時教えてもらった先生には申し訳ないんですが
それほどのインパクトがなかったんですよね。。。
昔高校で講師してたころは
恩師の授業がお手本であったので
それなりに授業のイメージもしやすかったのですが
音楽の授業っていわゆる基準となる対象がなくて
そういえばどんなふうに進めたらいいんだろう、と
素朴に疑問に思ったりしていたので(おいおい)
具体的な指導方法なんかを教えてくれるこの授業は
とても参考になりそうです。
歌唱指導がきちんとできるようになりたいなあと思っています。

あと、指揮なんかをせねばならんのですが
指揮に限らず、やっぱし音楽を教えるっつう立場に立つということは
自分が率先して音楽っておもろいってことを
自信を持って身体できちんと表現できないといけないなあ、と。
前に立つ人間が、自分のキャラクターや思いをさらけ出して楽しまないと
相手は安心しないだろうし、のびのびとやろか、という気分には
きっとならないよねえ。
これ、実のところ
ピアノより声楽より指揮の技術よりも、重要な課題です。
・・・ということを痛感しています。
いい意味で、人目を気にしてるようではまだまだだなあ〜。
この方向でやりたいなら、とにかくなんとかせなあかん課題。
なので、がんばる。


授業もさることながら
一緒に授業を受けてるメンバーと仲良くなれたことが
すごく心強く、同時に嬉しい。
スクーリングで連日一緒に授業を受けていると
いろんな話ができる時間もできてきます。
昨日今日、とそのメンバーで飲みに行ってたんですけど
同じ目標や目的を持ってる仲間ができたということが
なにより嬉しいよね、という話になりました。

かなりディープな音楽話をしたり
カラオケに行っても、さすが音楽を真正面から学ぶ人々だな、というか
歌心があるっつうのは言うまでもなく
普通にハモリが入ってくるようなカラオケなので
かなりおもろいです。(ちなみに自分はハモリが苦手です。日々修行)

そんなこともありつつ、一番うれしかったのは
若い頃に音楽の先生になりたかったけど
いろんな理由で諦めてた人たちが
やっぱりやりたい、って気持ちで来てる人が多いんですよね。
うわ、自分と同じように感じてた人がこんなにいたんやあ、と
励まされるような気持ちでした。
すでに学校で吹奏楽を教えてる人とか
ソロのプレイヤーで活躍してる人とか
会社勤めでやっぱり音楽やりたいから、って来てる人とか
ほんとバックグラウンドはバラバラですけど
音楽の先生になりたいよね、という目的は同じ。
だから、学ぶことに対するモチベーションも高いし
そういう仲間を大切にしていこうぜ、という気持ちも強いので
これからの自分にとっても、すごくプラスになりそうです。
なにより、自分自身のモチベーションも高まってきてるし
いろんな意味で腹くくるぞ、という方向へ
気持ちも少しずつ、固まりつつあります。
正直、まだまだ不安も多いしコワい気持ちもあるけれど
好きな音楽のためなら、それをなんとかしてやる、と思いはじめている。
ぜったい、なんとかしたいよね。


この夏は、ずいぶん有意義な夏になりそうです☆
思い切って学校通い始めてよかったかも。
[PR]
by satton07 | 2008-08-16 01:39 | Diary | Comments(0)

あ!

今日は朝からスクーリング。
が、夜に飲み会を催す都合で電車で通学。
いつもより遠回りで出かけたのですが
乗り換えで立ち寄った、河内長野の駅で電車を待っていたら
ふと聞こえて来た駅構内の放送。


「危のうございますので」


あ、、ここか。


詳細は川村結花さんのblog、7月14日の記事参照
[PR]
by satton07 | 2008-08-15 01:29 | Diary | Comments(4)

縁とは不思議なり☆

水曜の午後から、blogで知り合ったお友達の
まつこふさんいずるさんにお会いしました。
関東在住のまつこふさん。ちょうど去年の今頃でしたか。
キーボードマガジンのアレンジコンテストで、
ともに一次突破したご縁で知り合いまして
「Yokohama Date」など、ネット上でコラボ作品作ったり
音楽の情報交換なんかで交流していたのですが
実家が関西ということで、帰省されているこの期間に
会いましょうよ、てなお話になりました。
せっかく会うんですし、やっぱり音楽の縁でお会いした方ですから
なにか音楽で交流を深めたいよなあ、なんて思ってたので
セッションしませんか?とお誘いしたところ、ぜひ!と快諾してくださって
僕が昔お世話になったピアノサロンで
ピアノ2台のセッションをすることになりました。

そして、やはり関西在住で
ぼくのblogにマッキー/川村結花さんネタで
大きく反応してくださって以来、ここでつながっておりまして
そのうえ、今回まつこふさんと作った「Yokohama Date」を
いたく気に入ってくださり
出張のテーマソングにまでしてくださったという(感謝感激)
いずるさんをお誘いして、blogつながりの縁で今回の逢瀬となったわけです。

web上で交流してる人とリアルに会うことって
初めてではないんですが
今回は、なんかやたらと緊張しました。
けれど、実際にお会いして思った感想は
なんだか初めてお会いした感じがしなかったんですよね。
それだけ、感じるところや感性のツボが
似ている方々だったってことなのかな、と思っています。

午後にまつこふさんと合流してピアノサロンへ。
さすがに最初の1時間半くらいはなんかぎこちない感じだったのですが
途中でいずるさんがやってきてからは
いい感じに盛り上がってきました。
演奏をずっと聴いててくださったんですけど(ホンマにありがとう〜☆)
やっぱり、聴いてくれてる方がいるってのは
演奏する方にとっては最高の贅沢であり刺激でもあるわけです。
「Yokohama Date」の2台ピアノバージョンを披露させていただきました。
演奏してて、もぅゾクッと来ました。
なんつったって、これまでは
web上でのデータのやり取りとメールのみでの通信でしたから
こうやってナマで向かい合わせになって
その場の雰囲気で一曲やるってのは
めまいのするほど嬉しいことなのです。
ああ、ついにこの曲を作った人と同じ空間で演奏ができた!って気持ち。
いずるさんが、わたくしと同じく川村結花さんのファンっつうことて
「夜空ノムコウ」を演奏したんですけど
これもなかなかよかった!
1番と2番でメロディ/伴奏をお互いに入れ替えたんですけど
おもしろいほどにお互いの個性がにじみ出て
うわ、同じ曲なのにこんなにアプローチが違うんや!って
演奏しながら、感動の嵐☆
まつこふさんは、感覚でピアノを弾ける人なんですよね。
聴いた音をピアノできちんと再現しはる方なのです。
根っからのジャズ/フュージョン好きな方なんだ、って思いました。
自分は、なんだかんだといってベースはクラシックピアノなので
やはりクラシック的なアプローチを好むタイプです。
そんなふたりのコラボは
なんかものすごくおもしろかったです。
同じメロディに、こんな和声づけをするのか〜、とか
同じメロディなのに、弾き方がこうも違うか〜、とか
そんなことをずっと思ってました。

いくつかリクエストをいただいた曲もやったんですけど
ぶっつけ本番だったのに、ちょっと詰まりつつも
結局できちゃったところが、自分でも意外でした。
あ、そうだそうだ。
いずるさんがお好きだという(てゆっか、自分も大好き♪)、
Carole Kingの「You've got a friend.」をやったのですが
弾いてるとどこかから鼻歌が!
おー、歌ってくれてはる〜、ってこっちにも感激してました。
思わず鼻歌を口ずさんでもらえるほどに
いい空間がつくれたのかな、と
すごくいい気持ちになれました。
ありがとう☆

そうそう、あとあと(って、子どもみたいな勢いですよね。笑)
のぁんとまつこふさんが
ぼくの「ここから」をピアノソロバージョンで弾いてくださりました☆☆☆
これはぜひいろんな方に聴いてほしいっ!
自分の曲を客観的に聴くということで
どこかくすぐったいような気分でもあったのですが
正直、え、これってオレの曲???と(笑)。
自分の表現したいイメージを
まつこふさん的に解釈してくれはって、表現されていて
うわ、すげ!と。
てゆっかですね、この曲つくってホントによかった。
この曲作らなければ
今日この場のこの演奏はないわけですからね。

至福の時間はあっという間。
この他にも、
ピアノ2台なら、ぜったいやってみたい!って思ってた曲のひとつでもある
ピンクレディの「UFO」や「ペッパー警部」をジャズアレンジでやったり
(これ、かなりおもしろかったんですけど。。。)
自分の新曲も披露させていただきました。
すんません。私信で恐縮ですが
演奏するときにお伝えしなかったこと
これ、実はこの日のために作った曲です。
いろんな意味で、Hometown的な場所でお会いするにあたって
やはりここは音で「おかえりなさい」あるいは「ようこそ」という心持ちを
表現しようではないか、という衝動に駆られ
スクーリングのあいまに、
大学のピアノ練習室でコソコソつくっておりました(笑)。
自分の価値観そのものでもあります。
お耳に合いましたでしょうか(笑)。
こっ恥ずかしくてよう言いませんでしたけど。
と言いつつ、ここに書くってさらにこっ恥ずかしい、か。
ま、いいか。

と、こんな感じで過ごした後
近くのお店で飲み会〜。
話せば話すほど、いろんな共通点が。
価値観的に似た部分もあるし、違う部分もあるし
けど、それもひっくるめて
じぇんじぇんOK!というような
そんな気分でした。
あと5時間くらい延長したい気分でした。自分的には(笑)。

それにしても、webの力って、ほんとにすごいですね。
普段の生活やつながりの中では
決して出会うきっかけのないような人たちをつないでしまうわけですから。
普通に暮らしてたら、きっと出会うことはないと思うのです。

一方で
インターネットの危険な部分ばかりがクローズアップされて
すごく腫れ物に触る雰囲気とか
どこか「怪しい」イメージが強いですが
使い方ひとつだよなあ、って。
活かすも殺すも自分自身。

普段顔を合わせてるつもりで
ネット上でもおつきあいすることが大事なのかなって思いました。
顔が見えないからこそ
相手の思いや考えに想像力をめぐらせて
良心を信じあう、というスタンスが
とても大切なのではないかと感じたのでした。
ま、自戒も込めてなんですけどね。。

そういう意味でも、今後ともこのblogよろしくです。
webワールドをスマートかつのんびりと巡ることにしよう(笑)。

また会いましょうと約束してお別れしました。
ぜひぜひ。これも、いわゆるひとつのなにかの縁☆
[PR]
by satton07 | 2008-08-15 00:58 | Diary | Comments(4)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧
Twitter

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

twitterはこっち!

DAYS
Mellow Fellow
まさかずのマサカずっとほな、サイババ!!って言わないよね
音と音の隙間から
関西人のつぶやき
♪アルデンテ♪

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

レイジールーズブギが流行..
by だいちゃん at 20:57
>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項