<   2009年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

石畳の線路じゃないけど

b0024020_23442680.jpg


タイトルの意味は、アルバムを聴いてもらったらわかりますから、ね(笑)。
金曜、お休みをもらって教員免許の申請に行ってました。
終わってから、ぶらぶらゆるーく帰ろうかな、と
天王寺から阪堺電車にのって、路面電車にゆられて堺まで帰りました。

高校生の頃は、近くに路面電車が走ってまして
とはいえ乗る機会ってそんなになかったんですけど
なんとなし、懐かしい気分になるのです。
それこそ、線路も石畳でしたし。

なんでまたこんな話題と申しますと
いま作ってるアルバム、そこかしこに身近な場所が出てくるんですよね。
家の近くの公園とか、路面電車とか。あといろいろ。。。
それが実話なのかとかそういうレベルでの話ではなく
印象に残る場所って、やっぱり、うたで描いてみたくなるんですよね。
その辺は、きちんとリリースしてから順次解説を加えていくこととしましょう。
いろんなアーティストが、いろんな場所を題材にうたをつくってますが
自分の中でものすごく印象深いのは
槇原敬之の「てっぺんまでもうすぐ」という楽曲。
直接意識してかどうかはわかりませんが
あの曲を聴くたびに、いまはもうないエキスポランドの観覧車を思い出して
ちょっとせつなくなります(笑)。
歌詞の情景描写と、ストーリー展開とリンクしたアレンジの構成が
とても好きです。

クルマでの最終の音チェックを終えました。
及第点!
今回は、クルマで聴いてもラジカセで聴いてもヘッドフォンで聴いても
ほぼ同じように聞こえます。
たぶん、皆さんの家の再生機器でも同じだと、願っているのですが
すくなくとも、ウチにある身の回りの再生機器では
ほぼ平均したクオリティで聴けました♪
ヘッドフォンで聴くと、それぞれのパートがじっくり聴けますし
スピーカで聴くと、全体のサウンドを楽しみながら聴けそうです。

とはいえ、もう一曲、完成してないのがあるんですが
設定さえつくっておけば、あとはそこに当てはめるだけなのです。

あ、そうです。ひとつ重大なお知らせです。
収録曲が1曲差し替わります。
それこそが今書いたその「もう一曲」なのですが
カバーものの「サヨナラ」が、今回文字通りのサヨナラとなってしまいました(涙)。
アルバムの方向とはちょっと違うかな、ということと
どうしてもこのタイミングでこの曲を入れておきたい、という思いで
差し替えました。
さて、その曲とはいったい。。。
せっかくですので、リリースまでのナイショにしておきます☆

ジャケットも鋭意制作中。
近々リリース日もお知らせできるかも〜☆
おまたせしてます。。。(てか、どんだけもったいぶんねん。。。苦笑)
[PR]
by satton07 | 2009-03-28 23:44 | Diary

もうすぐだ

通ってた大学から単位取得証明書が届きました。
実家に帰って、昔取った教員免許状を取って
これで必要書類はすべて整いました。
申請書類を記入して、金曜に休みを取って教育委員会へ
免許状の申請に行ってきます☆
これで、曲がりなりにも学校で音楽教えられるようになります(笑)。

とりあえずの大きな通過点まであとちょっと。。。
ゆうてもここからが大変なんだけど。

今日は仕事もとっとと終わったので
夜、買い物のついでにプチドライブ。
いい機会なので、一番新しい音源を聴いてみました。
浜松へ行ったときに聴いた音源と較べて、格段に音が抜けてました。
すばらしいです。そうそう、こういう音が欲しかってん☆
ただ、もう一歩、パンチが足りない。。
あとちょっと、微調整してみようと、おもいます。。。
今月中には、片を付けるという目標なのです。
[PR]
by satton07 | 2009-03-26 01:18 | Diary

きょうもさむいです

またも寒さが逆戻り。。。
はやくあったかくなってください。おねがいします。

今日は同期会。
いちおう、幹事だったこともあって
最近食べてない焼肉に勝手に決定。
心斎橋の焼肉屋さんなんですけど、激ウマでした。

家に帰って、酔いもさめてきて
昨日、試しに作ってみた最新のマスターCDを聴いています。
いいです。いままで一番の出来です。
自分の作品ながら、思わず聴きいっています(自己満足ですな)。
けど、これなら人に最低限聴かせられそうなレベル。
アレンジ、ヴォーカル、そしてミックスダウンのクオリティが
明らかに成長したように感じます。
とりわけミックスダウンと録音については、かなり納得のいく出来です。
オケに沈まず浮かず、それでいて存在感があって、前面に出てくるようなヴォーカル、
同じ音域の各パートが、埋もれることなくクリアーに聴き取れるミックス。
そのへんの勘所がちょこっとつかめたかも。。
ものすごく難しく考えていたけど、実はとても単純な操作でした。
コンプのかけ方をすこし変えて
EQで、ある周波数をちょこっと削って、ちょこっと持ち上げたら
たちまちクリアーなサウンドに。す、すげえ。
これには思わず感激。
iPodで、電車の中でも聴いてみたのですが
電車がトンネルの中を走る際のノイズの中でも、
主要なパートの音がきちんと聞こえてくれます。
以前の音源は、パートの音がぼやけて聞こえなかったり
あるいは、音源の音のみが聞こえて
外の音がまったく聞こえなかったり、だったのです。
プロの音源を聴くとよくわかるのですが
ヘッドフォンステレオで再生すると
それぞれの音が、外のノイズに紛れることなくきちんと聞こえてくるのに
なおかつ、車内のアナウンスや街のノイズもあるていど聞こえてくるようにできてます。
その理由がたぶんわかった。
密集しすぎた中音域を少し削って
少し高い音域を持ち上げて、低い音域を削ることで
トータルとして相殺されて
中音域の存在感を保ったまま、バランスよく聞こえてくるようです。
電車の走る音や人の話し声、雑踏の音って
よく聴くと、なんとなく比較的中音域が目立って聞こえます。
なので、そこを目立たせると音同士がケンカしてしまい
うまく聞こえず、曇った聞こえ方になってしまうのでしょうか。

ヴォーカルに関してもよく似たことが言えて
自分の声の、一番いい聞こえ方をする成分と
ちょっと削った方がいい成分があって
そこを見つけることで、ずいぶん聞こえ方がクリアーになるみたいです。
少なくとも、いらないと思われる成分は見つけました。
そこを削るだけで、グググッと音が劇的に変わりました。
なんというか、必要なテンションと声質を保ったままで
いらない部分をカット、みたいな。
いろんなアーティストの音源を聴いてみたけど
多分、自分に一番近い声質はミスチルの桜井さん。
ああいう聞こえ方をイメージして音作りをするといいのかも。

次はいよいよ、クルマの中で再生してみようとおもいます☆
これならたぶん、いけると思うんだけど。。。
[PR]
by satton07 | 2009-03-25 01:09 | Diary

もーすぐでっせ☆

b0024020_2295382.jpg


夕方から予定があったんだけど、なくなったので
家でアルバム作りのしあげなぞ。
外は大荒れですし、ちょうどよかったってことです。
というわけで、今日一日で出来上がったファイルたちを書き出し中。
iPodで試聴ターイム。
作品をつくってて、一番楽しみな時間。


きょうは、昨日のクルマでの試聴をもとにして
ミックスしたファイルを再度調整。
家のスピーカで聴くとそうでもなかったんだけども
クルマのカーステで聴くと、中音域がモヤがかかったようになって
こもったサウンドになってたので、それを修正。
カーステのイコライザで調整して、いちばん心地よい設定を記憶。
高音域と低音域の成分をそれぞれ増幅そしてカット。
一番ミックスのできがいい作品を実験台に
6つの、微妙に増減の割合の異なるファイルを作成しました。
で、クルマで聴いてみて一番良いミックスをテンプレートとして採用。
で、一曲一曲その設定を入れていき
曲によって少しずつ増減幅を変更。
こうやって改めて前のファイルを聴いてみると
ああ、たしかに。なんかモヤがかかったようなサウンドです。
このスピーカとこのヘッドフォンで、こういう音だとアウト、ってことを耳で覚える。

うちのカーステはそんなに凝ったものでもないので
逆に言うと、これでいい音が再生できれば
ある程度他のステレオでもそれなりの音がでる、はず、なんだが。


出来上がったサウンドをまだクルマで聴いてないんですが
たぶん、これで、いけると、思うねんけど。。。
どうだ!?
[PR]
by satton07 | 2009-03-22 22:09 | Diary

れんきゅうです

連休真っただ中です。
きょうは浜松へ行ってきました。ウナギ食べに☆
去年の今頃にも行ったのですが、
今回は、わたくしのアルバムで
アートワークを担当してもらってますkamo_air氏とともに。


何を隠そう、去年の今頃
途中に立ち寄っただだっ広い砂浜でひとやすみしながら
新しいアルバムのアイデアを思いついたのが、ここ浜松であります。
浜松からの帰りしな、Bankbandの「昨日のNo,明日のYes」を聴きながら
こんなノリのいい曲作りてえー、って思い
大阪に戻って作った曲が「自転車」という曲でした。
イントロといい、歌詞の語感といい
いい感じのパクリ具合(笑)です。
ぜひ、両方の曲を聴き較べていただきたいところです。
まんまやん!ってところから
ググッとポップな方角へ向かっていくさまが、笑えますから。


車中のほとんどの時間、自分の音源のチェックでした。
カーステレオで聞くと、どうもおもったように聞こえず
お手本にしてる音源なんかも聴きながら検討。
カーステできくと、どうも音がこもるのです。
ボーカルがオケを消してる感じ。
カーステのイコライザをいじりながらいろいろ試してみた結果
原因を突き止めました。
高音域をブーストして、低音域をカットすることで
中音域でもやがかかっていたような音が抜けて
オケのそれぞれのパートの音が聞こえるようになりました。
それに沿ってこれからデータ上で大修正。
これできっと、カーステでもそこそこの音質で聴ける、はず。

さ、もうねます。明日も休みというのがうれしい。
[PR]
by satton07 | 2009-03-22 01:40 | Diary

問題。

b0024020_1191142.jpg



この曲はなんでしょうか?

正解は。。いずれどこかで(笑)。


いま作りかけのアレンジだす。

最近、楽譜を書くのもメンドーで
コードネームすら書かずにアレンジをしてたのですが
簡単な割に微妙にわけのわからん転調をして
わけわからんくなるので、コードだけ手書き。
それでもそうとう適当、、、だな、こりゃ。
[PR]
by satton07 | 2009-03-15 01:19 | Diary

ぬおぉ

昼からアルバムの曲を仕上げにかかって
ようやく2曲、納得いく形でしあげましたよぉ。。。
アレンジを少し見直して、ミックスし直して
最後にボーカルを全部録り直し。
やっとこそ、ボーカルらしいボーカルになった。。。

今日はとっとと寝て
明日は朝から作業すべし!すべし!!すべし!!!
[PR]
by satton07 | 2009-03-15 01:11 | Diary

ブックオフで

PSY・Sのベスト盤を買って帰って封を開けたら
なぜかレベッカのベスト盤が入ってました。

最初それにも気づかず、
CDをプレーヤーにかけて、流れたイントロを聴きながら

「PSY・Sってこんなにロックやったっけ?」

「むしろレベッカみたい」

って思ってたら

NOKKOのボーカルが聞こえたとたん、思わず「ぇええ!?」と前のめりに。

ほんまにレベッカかい!



きちんと交換してくれることになったんですが
ま、レベッカも嫌いじゃないし
それでも、いいっちゃあいいんですが。
今回は、シンセポップが聴きたかったので。。。
[PR]
by satton07 | 2009-03-13 01:14 | Diary

よーやく

打ち込み宅録始めて3年近く。
ようやく、ボーカルを聴かせるためのオケのミックスの仕方を会得。
先日、でき上がったマスターをクルマで聴いてみたんだけども
どうしてもサウンドが沈み気味で
なんだか座席の下の方で音が鳴ってる感じ。
声もオケにまぎれて、クリアーに聞こえない。
どうしたものか、と
いろんなプロの音源を聴いてました。
こういうときは、洋楽のCDがけっこう参考になります。
BACK STREET BOYSとかDONALD FAGENのアルバムが
ずいぶん参考になりました。
そのほか槇原敬之の「Cicada」や「LIFE IN DOWNTOWN」のMIXを参考にしています。
音が重なってかすんで聞こえるのは
つまりは、ボーカルとスネア、ギターセクションの帯域が重なってるのを
フェーダーの音量と、平面的なパンで調節しようとしておったのが原因だったようです。
立体パンを用いて、ボーカルの位置を少し上に持ってきて
イコライザの全体レベルを少しブースト。
同じ位置関係にあったスネアの音量は逆に少し上げてから
イコライザで全体のレベルを落として、ミドルローを少しだけカットすると
同じテンションを保ったままで、ボーカルが浮き立つ格好になるようですな。
ギターも同じ要領。全体のイコライザレベルを少し落として、ミドルローを少しだけカット。
その状態で立体パンを使ってボーカルの斜め後ろに位置をおく。
ストリングスなんかは後ろに配置して、イコライザはすこし全体をブーストしておいて
音量を少し下げて調節。
イコライザの使い方がちょこっとだけわかったかも。
ボーカルを聴かせつつ、バックの弦楽器やギターの存在感も持たせるために
両方の音がケンカしないように両立できたら
おー、これこれ!! と、うれしくなるわけです。

そんな感じですので
全曲またほぼ最初からミックスし直している毎日。。。

クルマでご機嫌に聴けるレベルにしなければ、とてもリリースできまへんな。。。笑
[PR]
by satton07 | 2009-03-11 01:11 | Diary

ぅおっしゃ〜〜っ!

冬のスクーリングの成績返却。
西洋音楽史→優
日本音楽史→優
器楽合奏法→優
ピアノⅠ→優
声楽Ⅰ→良

一時は受講自体どうなることかと危ぶまれましたが
どうにか丸く収まりました。ほっ。
器楽合奏はやたら厳しいと有名な先生だったので
どーなることかと思ってましたが、無事クリア♪
上手にできた、というより
先生の考え方に近い演奏ができた、ということだと思うんだが。。。

声楽が良であったのはある意味納得いく評価です。
そんなに上手にできたとは思わないし
まだまだ改良の余地ありだろうなあ、というのは
なんとなく感じていたので
むしろ正当な評価してくれてるのね、と少しホッとしました。

ピアノは途中微妙にろれつの回らなかった箇所が2、3カ所あったのですが
どこぞの大臣ほどではなかったので全然オーケー。
ま、あそこまでいくとさすがに不可でしょうけど。。。
テクニカルインプレッションですこし減点されたぶん
アーティスティックインプレッションで持ち直したのでしょうか。
適当な推測だけど。

評価は終わってるものの認定がまだの科目が若干あるので
最終的な書類の到着はまだですが
実質、12科目28単位、すべての単位がついに揃いました☆☆☆

最終成績表の返却を待って
単位取得証明をもらって、教育委員会に申請すれば
ついに中高音楽の免許取得!
今月中に申請できそうです。やった〜♪
[PR]
by satton07 | 2009-03-10 19:26 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧