<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

春だから

ってわけでもないですが、、、笑

これから、あることに挑戦してみようと思っています。


当たるも八卦当たらぬも八卦。

やらない後悔よりもやって後悔。

生きてるだけで丸儲け(それはちがうか)。


まあ、そういうイメージで、これからがんばってみようかなと。




で、まったく関係ないねんけど、、、



来月、キャロル・キングに会いに行けることになりました♪
4月17日パシフィコ横浜。思い出の場所ですね(笑)。
しかも、ジェームス・テイラーとのデュオ。
キャロルは最も好きな洋楽アーティストのひとりで
生きてるうちにゼッタイ会いに行きたい、と思っているひとりだったので。。。

な・の・で、、めっちゃうれしいっす〜☆

今回は1,000円高速を利用して、クルマで突撃する予定。
体力温存温存。。。
[PR]
by satton07 | 2010-03-31 00:24 | Diary | Comments(2)

とくにテーマもなく

ただ適当に書き綴ってます。


今日の大阪はほんまに寒かった〜。
寒いのはかなり苦手。
夏の暑さの方が、まだ耐えられます。
寒いと、まったく動けなくなってしまいます。
あまりに寒いなと思ってたら、夕方には雪が。。
おもわず、槇原敬之の「3月の雪」をおもいだしました。
いい歌です。

先週の3連休は東京におりました。
下北沢の中古CD屋さんをのぞいて
そこでようやく相対性理論の「シフォン主義」を買いました。
なにをいまさら〜ってタイミングですが
いいよね。相対性理論。
不思議な歌詞にどこかメランコリーで歌謡曲チックなメロディ。
昔のジッタリン・ジンなんかを思い出したりもしましたが、ちょっと違うか。。
個人的には「スマトラ警備隊」がすきです。KGB〜CIA〜♪
その他、無性に聴きたくなって、The Manhattan Transferを購入。
Black系の棚を見てて見つからず、店員さんに聴いたらJazzの棚で発見。
そういやそうだよね。このグループって、Jazzになるんだよな。。
自分で音楽を作るたびに感じるけれど
いい音楽を作りたいなら、とにかくいろんな音楽を聴け、というのは
あながち間違いないよな〜と思う今日この頃。
単純に音楽の引き出しが増えるし、
なにより作る音の深みが増すのではないかと思います。
論文書くために文献やら資料をとにかく調べまくることと似てるように思う。
ちょうどこのブログを始めた頃、
音楽を作るどころか、そういやそもそも音楽をあんまし知らないな、と感じた自分は
職場の近くに中古CD屋やタワレコがあったので
仕事帰りに足しげく通ってはCDを買いまくっては聴き漁る、という日々でした。
洋楽やジャズにハマったのもこのあたり。
ちょっと変わった音楽を聴く同僚も周りにけっこういた影響で
民族音楽やら、インディーズのちょっとアングラなインストものもよく聴いてました。
(てか、今でもけっこう好きだけど)
借りて聴いたものも含めたら
どうやら2年間で2〜300枚聴いてたことになるらしい。。。
これが多いのか少ないのかようわかりませんが
とりあえずいろんな音楽を広く浅く知ることができたような気はします。
最近は、あまり聴くことができてなかったから
またぼちぼちといろんな音楽を聴いていきたいな〜とは思っています。


もうすぐ4月ですか〜。
年度替わりだ〜。
次年度は仕事が忙しく(てゆーか、ややこしく)なりそうな予感。。。
[PR]
by satton07 | 2010-03-30 00:39 | Diary | Comments(0)

はじめることにしました。

b0024020_135652.jpg



アルバムが出来てからしばらく作品づくりはストップしてましたが
つぎの作品づくりにむけて、
大体の案や、アルバムそのもののねらいを定める作業をしていました。
で、今度は、カバーアルバムをつくりますよ♪
中学生が聴いてもウチの親世代が聴いても楽しめそうなアルバムにしようと思ってます。
選曲も、いろんなジャンルから選ぶつもりで
目下、アレンジ/RECをすすめています。
夏くらいにはお披露目できるのを目標にしています。
アレンジが一番好きな自分にとって、カバーって、じつは一番好きかもしれません。
歌詞を読み込んで、自分なりに楽曲を再構成したり
自分の解釈で音を編み上げる作業がとにかくおもしろいです。
なんつったって、オリジナルを作りはじめる前の1年くらいは
DAWの勉強をかねて
ひたすらカバーをやってたくらいですから。。。

今日は(というか、3日ほど前から)、そのアルバムに入れるための曲を1曲仕上げました。
おそらく誰もが知っている歌謡曲です。
たぶんこの歌を僕が歌うということを想像できる人は
きっとどこにもいないであろう、、、笑。
見事に自分色に染まりました、よ、きっと。。。♪
いや、これ、自分でもけっこう好きかも〜。

アレンジもこの1年でそれなりに修業を積んだと思われるし
ボーカルも稽古をつけてもらってるおかげで、日に日にマシになってきてるし
そういう意味では、今回のアルバムは
大いに期待していただいてよいかと思われます(と、自分にプレッシャー)。
アレンジ魂を炸裂させて
これまでで最強のアルバムになるようにがんばっちゃおうとおもいますので。



で、HOMEMADE POPのほうも聴いてくださったみなさまありがとうございます!
さっそく、友人まさかずくんのblogや、いずるさんのblog、まつこふさんのblogで
レビューをアップしてくださっています。ありがとうございます〜★
皆さん、ツボにハマる曲がそれぞれ違っていて、なかなか興味深いです。
残り10枚少し。伸び悩み中か。
買おうかどうか躊躇されてる方が仮におられましたら
遠慮なくお申し込みくださいね。今ならきっと確実に手に入りますから(笑)
[PR]
by satton07 | 2010-03-28 01:35 | Diary | Comments(0)

初めて買ったCD

初めて買ったCDは、8cmシングルで、中学2年の時でした。

で、買ったのは、森高千里の「雨」。
ラジオから流れる曲をひたすら録音しては聞いてた自分にとって
初めて、CDを買ってまで聴きたいと思った曲でした。

1.jpg2.jpg3.jpg

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter

Powered by TubeFire.com



なんかものすごく買いに行くのが恥ずかしい、と思った記憶があるけれど
やっぱしこの曲、名曲やわ〜。
「渡良瀬橋」もなかなかにいい曲だと思いますが
森高千里の曲のなかでは、やっぱしこの曲が一番好き。


ちなみに、初めてレンタルショップで借りたCDは
永井真理子の「Catch ball」。
中学生のころ
同級生がBOOWYや各種イカ天系バンドにハマっていくのをよそに
自分はヤミでガールポップ系アーティストにハマっておったのでした。。。
麗美とか平松愛理とか辛島美登里とか谷村有美とか。
それこそ恥ずかしくて、とてもクラスメイトには話せなかったが、、、
[PR]
by satton07 | 2010-03-20 01:08 | Diary | Comments(0)

意外に

出勤して、何人かに「髪の毛短く切ったね〜」とは言われたが
「色変わったね〜」とはまったく言われなかった。


気づいてないのか、それとも気づかないふりなのか、、、




意を決して「色つけてみたんですけど」と振ってみると




「あ、そういえばほんまやね〜」





やりすぎくらいがちょうどいいってことなんでしょうか。。。
[PR]
by satton07 | 2010-03-20 00:11 | Diary | Comments(0)

つらつらと

さいきん、いろんな事件が立て続けに起こる。
いいこともそうでないことも含めて。

なにかにだれかに試されているのか??というような感じだが
見てきたかのようなコトバにだけは、翻弄されないようにせねば。

面倒でも自分の目と耳と肌で直接確かめたものだけを信じていようとおもう。




なんてことを考えてつらつらとblog書いてたら、、、



これから作ろうとしてる歌のネタがバレてしまうではないかっっ!!!



さいきん、このblogで身の上話が少ないのは

きっと、その分が歌詞になっているからではないかと思われまする。




あ。そうそう。


きょう、髪を切りました〜。それも、けっこう短めに。。
しかも、けっこう明るめに色までつけました。いいオトナなのに。。。
明るいゆうても、自然なかんじなのだとは思うのだが
不良会社員とか不適切とかいわれるんかな。苦笑
いや、すくなくとも
仕事の関係でたまに出かける
銀行の窓口のおねえさん(→けっこうかわいい)よりは
ぜんぜんおとなしい色合いですよ。。。


まあいろいろありやして、クサクサしてる気分をリフレッシュしようと
髪のボリュームも適度に軽くなりつつある今日この頃(涙)
他人に気遣われる前に思いきって丸坊主にしようかとも思ったのですが


フラレタのか、とか


イタいことやらかしたのか、とか


反省してるのか、とか


まあいろいろあるこのタイミングで
無意味に詮索されるのもウザいので今回は踏みとどまりました。


3ヶ月近く美容院にいってなかったので
それはもう気持ちのよいくらいにカットしていただきました。





すっきり〜♪






ところで、どうでもいいですが





森三中のキャッツアイ。なんだかよくわからないけど、ものすごいインパクトです。



電車の中吊り広告、別の意味でかなり釘付けです。ツボです。



あれ思いついた人、けっこうすごいよなあ。。
[PR]
by satton07 | 2010-03-19 00:23 | Diary | Comments(0)

楽器博物館

浜松にある、楽器博物館にいってきました。
チラシをもらって、以前から行ってみたかったのですが
ものすごい数の楽器が展示してました。圧巻。。

世界各地の楽器がずら〜っと並んでいて
実際に演奏を聴いたり楽器を触れるコーナーもあって
音楽好き(というか民族音楽好き)にはたまらんかも。
学生のレポート課題と思しき人もけっこういて
見学しながらメモを取る人も多かったです。。。

ちなみにわたくし、民族音楽大好きです。
民族音楽というよりも、
ミニマルな音楽とか、
ポリリズム、インプロビゼーションが伴う音楽が好きなのかもしれません。
見学していて、自分はインドやアラブ系のブースが一番ひっかかった、かな。
なんでかわかんないけど、自分では結構意外。
楽器の音色の好みでは、一番しっくりきました。
そういえば、自分の作品で好んで使ってる民族楽器も、この辺のものが多いかも、、と。

というわけで、見てきた楽器の一部をご紹介、、です。
せっかくなので、自分のアルバムで使ってる部分なんかも織り交ぜつつ。
(知りたいかどうかは別にして。笑。マニアックな楽しみ方をしてください)


b0024020_18225051.jpg

★ネイティブアメリカンフルート

中南米のブースにありました。原住民が使っていたフルートでしょうかね。
透明感のある、どこか寂しげな音が好きです。
ちなみにわたくしのCD「HOMEMADE POP」では
13曲目、「アオイソラ」の間奏、アウトロ部分でなってる笛の音です。

b0024020_18225084.jpg

★アルトリコーダー

一般的にもおなじみの楽器ですよね。
リコーダーって、テナーやバスなど、よりでっかいやつもあるのですよね。
そういやここには、なぜかソプラノリコーダーは展示されてなかったです。
「HOMEMADE POP」では「Musicroom」や「花吹雪」で使いました♪


b0024020_18225010.jpg

★シャーナイ

インドの楽器。ダブルリードといって、リードを2枚重ねあわせ、
それを震わせて音を鳴らす類の楽器です。
オーボエとか、チャルメラの仲間ですかね。
シタール同様、いかにもインド!というような音色です。
こいつは。「Some Other Day」のイントロやワンコーラスめのAメロ周辺の後ろの方で
ヒラヒラと鳴っている音でござんす。
そういや昔つくった「ここから」でも、この楽器を使ってました。



b0024020_18225083.jpg

★ブズーキ

ギリシャ音楽で使われる、リュート属の楽器。マンドリンの親戚にあたります。
原型になったのは、トルコの「サズ」という楽器だそうです。
そういうわけで、ヨーロッパの楽器ながら、どこかエキゾチックな香りがします。
そんなフンイキが好きです。
たぶんねー、自分は文化の結節点にある音が好きなんだと思います。
西洋と東洋のあいだの、混沌とした世界が好みなんだろうな、きっと。
ちなみに槇原敬之さんの「Penguin」という曲でも使われてますよ。
ちなみに自分も、「アオイソラ」では
アコギのストロークに絡ませてけっこうハデめに使っています。



***



民族楽器はもちろん、電子楽器の展示もありました。
こっちは現在準備中みたいで、とりあえず楽器のみがずらりと並んでいましたが
かなりウッハ〜となる展示でした(笑)。


b0024020_18225092.jpg

☆Donca matic(1963)

現在のコルグが発売した、国産初のリズムボックス。通称ドンカマ。
うわあ、これ、雑誌でしかみたことなかったので、かなり感激。
「カラオケというシステムがない時代の飲屋街では、ギターやアコーディオンを使い
演奏してまわる流しという業種があった。
バンドを率いて演奏していた流しアコーディオン奏者の長内端は、自分一人で
演奏するために、バンドのような自動演奏の機械はできないかと考えていた。
これがリズムの自動演奏、リズムボックスの最初の発想である。」(Wikipediaより引用)
という、開発の背景があったそう。
いわば、現在当たり前のように楽しんでいる
カラオケの祖先、ということにあたるのかな。。


b0024020_18225082.jpg

☆KORG M1(1988)とYAMAHA DX7(1987)

ついに、ウチにあるシンセが博物館に展示されるようなものになってしまったのか(笑)。
シンセ好きならゼッタイ知ってるであろうベストセラー。
80年代周辺の音楽ではこの辺の音は必ずと言っていいほど出てきますもんね。
そういえば、こういう系統の音を使ったサウンドを作ったこと、ないかも。
作ってみようかな〜。。
マイケルジャクソンとかスティービーワンダーとかが使ってそうな
DXのベルの音のようなエレピの音、好きです。
(わかる人には、わかってもらえますでしょうか)
そういえば、まつこふさんのCDの「雪」でも使ってたのも、この音だったような。。



b0024020_18225028.jpg

☆KORG Polysix(1981)

ポリフォニックシンセで、
高いコストパフォーマンスで話題になったシンセ(だそうですよ)。
6ボイスって今じゃショボいってなるんだろうけど
当時としては破格の値段で発売されたのが
ものすごい革新的だったんだろうなあ、と思います。
ちなみに、これ以前に発売されてた「TRIDENT」も展示されてました。


b0024020_18225016.jpg

☆moogのアナログシンセ

型番忘れちゃったんだけど、70年代初頭のモデルだったはず。
ザ・シンセ!!って感じのフォルムですよね。
プラスチックではなくて、木製の外装に、威厳と年代を感じさせます。
このほか、ARPのでっかいシンセ(てゆうか機械。笑)も置いてました。
いまじゃデスクトップですべて完結する機能も
もとは、こんな巨大な装置だったわけですもんね。
技術の進化とは恐ろしいもんだ。。。



***


楽器の町浜松の代表格(と勝手に自分で決めてますが。笑)、ピアノ!!
というわけで、ピアノの展示も多かったです。
ピアノの進化の歴史が実物の展示をみながらわかるようにできてました。

b0024020_18225036.jpg


変わったピアノも多数展示してたんですが
なかでも、これ欲しい!って思ったのがこれ(笑)。デュオピアノというらしい。
2台分のピアノが1台に収まったピアノ。
向かい合って、デュオが出来るようになってます。
さすがにスペースを取るし重いしで、普及はしなかったそうですが
これ考えた人、すごいわ〜。


b0024020_18225018.jpg


これは、ドイツのベーゼンドルファーというメーカーのピアノ。
スタインウェイと並んで、世界的に有名なピアノのメーカーです。
このピアノ、普通のピアノとどこが違うかわかります??
よーくみると、鍵盤の数が普通(88)より多いのがわかるかと。。
ベーゼンドルファーのピアノには、92鍵や97鍵のモデルが存在するのです。
バッハ楽曲のピアノ版編曲者で有名なブゾーニが
バッハの楽曲をピアノ用に編曲するときに通常の音域では出せない音があり、
それをルードヴィッヒ・ベーゼンドルファーに相談したのが始まりなんだそうです。


とにかく、音楽好きにとってはおもしろい博物館でした。
浜松駅から歩いてすぐのところですし
これは見に行ってみる価値ありです。
ぜひに。
[PR]
by satton07 | 2010-03-16 18:22 | Diary | Comments(2)

「HOMEMADE POP」ライナーノーツ その2

というわけで、ライナーノーツ第2弾でござんす〜。
届いている方も、ぼつぼつと全曲聞き終わる頃、なのでしょうかどうでしょうか。

前回に引き続き、今回は8曲目からのご紹介♪

ではでは〜。

More
[PR]
by satton07 | 2010-03-12 00:48 | 音楽活動 | Comments(0)

ついしん

どーやら、前の記事でアップしてた音源が設定間違いで聞けなくなってたみたいです。
聞いてみようとトライしてくださった方々、すんません〜
(って、何人くらいいるんやろう。。。)

あらためて、こちらから聞いていただけますので
よかったら、どーぞ、ね。
アップ期間は2週間ですが。。。

職業作家としてやっていきたいなら
こういう楽曲も作れないといけないんでしょうね。。
自分がいま追い求めている音楽ではないけれど
嫌いじゃないです、こういうJ-POPも。
ただ、歌詞の温度感と今の感情価値観にかなり違いがあるので
本気でカヴァーするなら、どう歌うかで悩むんだろうな〜、と。


件の6年生は、やんちゃながらもぼちぼちとがんばっているらしい。
ちょっとでもココロに残るようなサウンドになってりゃいいな、とおもう。


ところでGReeeNって、GReeeeNなんやね。
eが4つ。
[PR]
by satton07 | 2010-03-11 22:11 | Diary | Comments(0)

遥か

金曜の晩、小学校教師のうちの妹から電話がありまして
なんでも、勤めてる学校の卒業式のためにアレンジをやってほしいと。
何年か前にも引き受けたことがあって
そんときは、EXILEの「道」を2部合唱+ピアノ伴奏で編曲したんだけど
今回もそんな感じかな、と思って
それならすぐできるやろう、とおもい
今日の午後、音源をもらう+リクエストを聴くため、実家へ。
どうやら今回は、Greeenの「遥か」だそうな。
この手のJ-POPは最近すっかりご無沙汰だったので、逆に新鮮。
歌を歌って、合間に音楽をBGMに、
ひとりひとりが「将来の夢は〜」なんて呼びかけをするらしい。
いや〜、なんか聴くだけで泣けてきません?
で、呼びかけのあと、サビの部分を大合唱する、という作戦らしい。
とはいえ、これをピアノでやるのは難しいらしく
それで、その尺に合わせて音源を作ってほしい、とのこと。
時間もないし、できないならしかたないけど、、と言われましたが
そんなこと聞かされたら、逆に断るわけにはいかないよね〜。
限られた時間で、最大限の結果を出すのが自分のポリシー。
負けず嫌いスイッチオン☆
せっかくやるなら、
バッチリオケパートをアレンジして
卒業式出席者を感動の渦で泣かしてやろうやないの、ということで、承諾。
とりあえず、明日までにオケのCDを完成させねばならないらしい。
残された時間は半日弱。

もらった音源を今度は自分の住むマンションへ持ち帰り
早速作業開始。14:40PM。



22:00PM。完成。

アレンジからミックスまで8時間切った。。自己最短記録更新かも(笑)。
↓とりあえず、よかったら、聴いてみて〜♪

あらためましてこちらから


テーマは「胸きゅん」。卒業式のフンイキに飲み込んで
20人くらい泣かすぞ、という作戦です。
実際の曲にはない展開です。
とりあえず、限られた時間でできるように
これまで使い慣れた音色を使ったアレンジにしました。
実際に使う音源は、歌がないバージョンですが
デモ用に、自分で歌唱した、ある意味かなり貴重な音源です。
だって、Greeenを歌うなんて、カラオケ以外あり得へんし〜(笑)。

ストリングスとピアノがあったかい感じの
かなり壮大な感触のポップスアレンジ。
ぼくのオリジナル曲ではあんまり見られへんと思います。
Aメロのあと、ピアノとリズムループのみになる部分で
卒業生が呼びかけをするそうです。
で、その後、みんなで大合唱するらしい。


あとは、これを気に入ってもらえたら言うこと無しなんだけど。。

リズムループは、自分のアルバムのなかで使った曲のものを流用しました。
いつかちゃんと自分が歌えるようにアレンジしなおそうかしら(笑)。


てゆっか。
学校の先生の読者の方がおられましたら
わたし、こんなことできますんで
そんなご用命がありましたら
ぜひぜひお問い合わせをお待ちしておりますよ(笑)。
ひさしぶりに、学校の団体演技の音楽とか作りたいな〜。
[PR]
by satton07 | 2010-03-08 01:31 | Diary | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧