<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏も終わり。

ですね、一応。暑いけどさ〜。

というわけで、昨日のライブでこの夏のライブ3連発が終了。
よく乗り切った。自分。
とかゆうて、合間合間にしっかり遊びまくってるねんけどさ〜。
バンドの練習があってんけども、今日は練習後、早く帰ってきました。
充実もしてるぶんだけ、疲れもします。
いつも、帰りが遅くて、さすがに次の日がキツいので。。。


この夏を振り返ってみようと思ったが
ついでだし、上半期というには少し遅いけど、
今年の半分ちょっとをついでに振り返ってみると
今年出たライブやイベントの数、いくつかな〜って思って数えてみたら
1月(1本)
2月(2本)
4月(2本)
5月(1本やったとおもう)
6月(忘れた)
7月(2本)
8月(3本)

憶えてるだけで9本。え、まじ?そんなにやってたん??わし。。
(追記:あとで思い出したけど、7月8月にそれぞれ1回ずつ、
まだあったよね。てことは11本。どっひゃ〜)
(セミ)プロの人からすればそんなに大した量じゃないのかもしれませんが
自分にしてみたら、どうしたんだ?ってくらいのペース。
今年はバンドの出番が少なくていまのところ2回なので
それだけ他の出番が増えてきたということか。。
地味にいろいろ活動してたんですね、自分。
とにかく、曲つくってはハイ本番、練習してはハイ本番、みたいな感覚ではあったな。
その間にCD2枚(ゆうか3枚か)つくって
頼まれたアレンジを月に1本くらいのペースでやってて
仕事やって飲み会いきまくってた自分は
その間どうやって生活していたのか、あまり思い出せません。。。
練習する時間がないと感じるのも頷ける。
しかも、これから今年末までに決まってる本番が、既に3本。
年明けに3本。
バンドの練習もあるわけか。
嬉しい話でもあるけれど
このままいくとバーンアウトするんじゃねえかこれ。。笑えねえ〜。
ある程度、今できることとしたいこととしなければならないことを
少し整理しないと、さすがにいかんような気はします。


そんななかでもいまは
自分自身の活動の幅をひろげたいから
なるべくいろんな活動をしている音楽関係者と、ライブなんかを通じて交わりたい。
自分自身のウデも磨きたい。歌もうまくなりたいし、ピアノももっとうまくなりたい。
いま、形にしておきたい曲もあるし
ライブも観に行きたいし、CDもたくさん聴きたいし、読みたい本も溜まっている。
そんなときに限って、仕事もいろんなことをまかされるし
それなりにやり甲斐も出てくる。
けど、時間は限られていて。。
その辺でぐるぐる回ってる感じ。

ぐるぐる回ってる間に、もう寝ます。
先週は、仕事もそんなに忙しくないのに
どういうわけか平均睡眠時間が4時間切ってました。
人と会って話すことが多かった先週。こういうのは睡眠けずってでもやりたいから
結局そうなる。ほほほのほ。
寝たい寝たいと思いながら、気がつけば金曜日。
今週は健康に過ごしたいものです。。。
[PR]
by satton07 | 2010-08-30 01:03 | Comments(0)

NACHTMUSIK@池田市/アゼリアホール

b0024020_1403947.jpg


この夏最後の本番は、久しぶりのクラシックで締めくくりましたよ。
クラシックを人前で弾くなんて、去年の2月にピアノの試験で弾いて以来。
さあどうなるのか、、、って感じでしたが、けっこう、いやかなり楽しかったです。
かれこれ7年近く前に出たコンサートで知り合って
一時期は同じ門下でピアノを習ってた友人Mさんが主宰してるピアノ教室の発表会に
ゲスト&お手伝いで出演してきました。
生徒さんは小学生が中心で、大人も何人かおられるのですが
それぞれやりたい曲を自分の力で、自分たちのペースでやっていく、という趣旨で
教えてはるんですよね。
途中でピアノをヤメたり、既存のピアノ教室が馴染まなくてやってきた子もいるようで
たどたどしいながらものびのびと、
きちんと自分で選んだ曲を弾ききってる姿は
なんか、いわゆる上手な演奏を聴いた時とはまた違った良さがあって、
清々しいものを感じました。
ピアノだけじゃなくて、Mさんのお知り合いの方々のフラダンスもあったりして
なかなか楽しいひととき。いろんな表現があるっつうのが、いいよねえ。
Mさんのピアノレッスンに対する考え方とかがこれまたとてもすてきでしてね。
自分で決めて、自分でやる。人のせいには決してさせない、つう考え方とか
ジャンルにしばられずに、いいものはいいと感じられるアンテナとか
そういうとことかが、すんごく共感できるのです。
いまは、演奏したり創作したりしているのが中心だけど
いつかは、こうやって、ひとに教えることを通じて
コミュニティを広げてみたいなという思いが、ちょっと強くなったかな。


そんなわけで、本日弾いた曲を。。。

b0024020_1415257.jpg


1.アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調(W.A.Mozart)
泣く子も黙る超メジャー曲のピアノ連弾版ですね。
難易度的にはそんなに難しくないんだけど、そこはモーツァルト。
細かい指の動きに、おっとっと〜っ、と、指がもつれるワナがそこかしこに(笑)。
Mさんとの連弾でした。
事前に楽譜だけ送ってもらってはいたけど、
時間がなくて、実はこの日のリハーサルで初めて合わせた上に
お互いにほぼ初見って(苦笑)。
しかも、Mさんとお会いしたのも多分2年ぶりくらいやとおもうんだけど
それを感じさせないほどに、不思議と息が合いましてね。めっちゃ弾きやすかったし。
しょっちゅう顔を突き合わせてても、理解するのに相当時間がかかる場合もあれば
こうやって、2、3度合わせただけでもピタッと合わせられる場合もあるわけです。
技術がどうこうという話ではなくて、相性というものはやはりあるもの。
いい悪いっつう話ではなくて、人と人がやってる以上
まあやっぱりそういうもんなんだと思います。
まあ、その相性というものとどううまくつきあうかが
大事だったりもするんだけど。。

b0024020_1422432.jpg


2.Cool Off In The Summer Evening (Koji Sato)
この夏のライブでは弾きまくってます。オリジナル曲。
もともとは、このコンサートのために作曲したものなんです。
よし、せっかく季節ものの曲を書いたんだし、やれるうちにやらないと、と思い
7月のコンサート、8月のライブでも演奏しました。
3回やったけど、今回の演奏が一番納得のいく演奏だった、かなあ。。
終わった後、舞台袖にいたスタッフの方に
「涼しげで、ぴったりないい曲ですね」と言ってもらえました。
うれしいねえ。ありがとうございます。
なにげに、気に入っていただける方がちらほらいて、嬉しいです。
四季でシリーズもので作ってみようかしら、、なんて。
あ、これ、いまMyspaceでもアップしてます。よかったら。
なんなら、新しいアルバムにも入れてます。重ねて、よかったら。。。


b0024020_1384258.jpg


3.ノクターン 遺作(F.Chopin)
で、本日のメイン。生誕200年のショパンでござる。
もっと時間とウデがあれば、エチュードとかスケルツォとかに挑戦してみたかったけど
さすがにそこまでの度胸と時間がないので(苦笑)、比較的取り組みやすいノクターン。
「戦場のピアニスト」で知られるようになった曲でしょうかね。
ぼくは、フジ子・ヘミングの演奏で知ったのですが。
中間部で変則的なリズムと転調があって、油断すると落としてしまうダブルシャープに
むむむ、、、ってなってましたが、そこをなんとか乗り切った、と思ったら
次の16分3連符+2+6連符でミスタッチの凡ミス。あぅ!
最後の32連符くらいあった装飾音符のミスはある意味想定内だったとしても(苦笑)
ここは悔しい〜。
やっぱし、指練もっといるかなあ。。
とりあえず、その辺はいつもどおり何事もなかったように弾ききるしかなかったんやけど。
ごまかし弾きは、オトナだからこその得意技☆
終わってから、舞台裏で観てた子供たちが
うわ〜って拍手してくれてたのが救いやったわ。。
さすがに子供にはええとこみせとかんと。ナメられたらアカンしなあ(笑)。

やっぱし、いろんなジャンルの音楽に触れることで
引き出しも広がるし、それが新たなパーソナリティとなっていくわけでして。
自分は、こういうスタイルを取っていく方がいいのかもしれない。
クラシックの名手になることは残念ながら今からではムリだけど
できる範囲で、引き出しは広げてみたいとおもう。

ところで。
かねてから、いつか2台ピアノで
モーツァルトの2台ピアノのためのソナタをやりたいねと話してたんですが
せっかくだし、2台のピアノで
ちょっと変わったクラシックのコンサートをやりましょうよ、と
お話してました。
ちょっと長期スパンだけど、クラシックは自分の音楽の出発点なので
ぜひぜひ、実現させてみたいな。。
[PR]
by satton07 | 2010-08-29 02:53 | Live | Comments(0)

ライブ行ったりいろいろ

ライブ終わってから、よしダラダラしよう、と思っていたものの
結局仕事が終わってから、飲みに行ったり遊びにいったりの日々。
思えばなんてアクティブになったんだろう、わたくし。。
元来相当なインドアなんで、一日家にいても平気なんやけど
ここんとこは、逆に動いていることのほうが多い毎日。

今日は、ミュージシャン仲間のライブをみにいった。
いつもお世話になってる企画屋さんに誘ってもらって、観に行ったんだけど
かなり刺激的。
Perc2本、Vo,Gtr,Bassっつう編成。
スタンダードなジャズナンバーや、ラテンのナンバーがメイン。
そんなに音数ないのに、しっかり存在感をアピールしているギターもすごかったけど
グルーブをしっかり支えるベースの存在感がとりわけ印象に残りました。
歌いながらも、リズムをしっかり支えてるところに
ベースってかなりキモだよなあ、と改めておもったのでした。

今日行ったお店のSALON D'AVENEは、
もともとクラシックもののライブを中心にされているお店なんだそうで
お店には、なんとベーゼンドルファーのグランドピアノ↓が。。すっげ〜。
ベーゼンドルファーは、ドイツの名門ピアノ。
クルマでいえば、メルセデス・ベンツみたいなもんでしょうかね。

b0024020_1243762.jpg


ライブ終わって、お店の方にご挨拶して、お話してたら
「弾いてみます?」と。なんて気軽な。。。
ほんまにええのん?と思いながら
あまり上手ではないウデですが、適当に何曲か弾かせてもらいました。
ベーゼンドルファーを弾いたのは実は初めてなんですが
タッチはスタインウェイよりも重くて、ヤマハよりも軽い感じがした。
めっちゃいい音やなあ、って思ったけど
これを弾きこなすには相当なウデがいるんだろうなあ、ともおもった。
まだまだかも、ワシ。
ライブ行ってミュージシャン関係の人とかいろいろ名刺交換してきました。
ひとのつながりをもっと広げたい。
そのためには、そうか。こうやって知り合いのライブをいっぱい観に行きゃいいんですよ。
出るだけが能じゃない(笑)。

で、ライブとは関係ないけど
ライブに来てたお客さんのなかに、洋服のデザイナーさんが来てはって
クールなTシャツ着てるなあ、って思ってたら
自分でブランドを立ち上げてるそうで、
気に入ったので、その場で1枚買っちゃいました。こんなん↓

b0024020_136731.jpg




値段の割に生地もいいし。個人ブランドってけっこういいかも。
LOJEAってブランド。よかったら。
[PR]
by satton07 | 2010-08-25 01:38 | Diary | Comments(0)

ラジオ

クルマに乗ると、大概の場合FMラジオをかけてます。
通常は、FM802にチューニングしてることがほとんどなんやけど
ここ最近は、FM COCOLOが多いです。けっこうハマってます。
802は、今音楽シーンでアツい洋楽邦楽がバンバンかかってて
それはそれで好きですが
COCOLOは、ちょっと渋めな邦楽や、洋楽でも比較的古めの70'sなんかがよくかかってて
選曲も結構自分好みなんで、最近ツボでよく聴きます。
あと、ワールドミュージックもたくさんかかるので、その辺も嬉しいところ。
スウェーデンのポップス特集とか、トルコのポップスがかかってたりして
けっこうおもろいっす。
今日も、クルマで聴いてたら
リッキーリージョーンズの「Chuck' E's in love」がかかってましてね。
渋い選曲しよるなあ、とおもってました。
ターゲットの年齢層も、802よりは少し高いように思います。
今年度からは、40代半ば以上をコアターゲットに設定した番組改編だそうですよ。
てゆっか、それにググッとくるワシっていくつやねん。。

聞くところによると、FM COCOLOの番組のほとんどは
この4月からFM802の設立した番組制作会社が作ってるそう。
実質的に、802の傘下になるんかな。
池田なみ子さんとかマーキーとかキヨミさんとか、
802のDJが結構たくさん番組を持ってたりします。
けど、番組での選曲は明らかに802とは違ってておもろいですね。
あんまし激しいロックチューンはかからないみたいです。
天気予報の音楽が「Winter Games」には笑ってもうた。
な、なつかしい、、てゆっか、昔の802やんけ。。
その辺に思うところもないことはないのですが
なかなかおもしろいFM局だなあ、とおもいます。
関西は、ラジオがかなりおもしろい、って関西以外の人から聞きますが
たしかに、そうかもしれんねえ。
[PR]
by satton07 | 2010-08-21 01:55 | Diary | Comments(0)

いやあ〜

思ったことつらつらと。


***

この記事をアップして、4年と少しが経つんですが、コメントがいまだに途切れることがありません。
なにげに、びっくりしてます。ほんの軽い気持ちで、アップしたレビューだったんですが
こんなに多くの方に共感されていたんだなあ、この曲は、と思うと
作者じゃないけど、胸が熱くなります。
いい曲は、かならずどこかで誰かにそっと愛されながら残っていくものなんですね。
それって、作り手の立場から考えたらものすごい勇気づけられるし、責任も重いなあと思います。
たとえほんのわずかな人たちにでもいいから、
長く愛されるような楽曲作りなり、演奏を届けられるようになりたいと思う。ほんとに。


***

ボイトレも始めて8ヶ月弱。レパートリーもそれなりに増えてきました。
なにより、声がほんまに安定してきた。
ここのところ、作曲編曲インスト業が主で
うたものの音源を発表していませんが、一応理由はあって
あえて書いちゃいますが
いまはうたものをやるタイミングじゃないと思ってることと
歌ものを全面に押し出すほどに自分のうたにいま自信がないからです。
けれどすくなくとも、「HOMEMADE POP」を作った当時よりは
はるかにマシになっていると思います。
この前のライブでも、2曲ほど歌いましたが
あれでも、ずいぶんマシになったほうなんですよ(爆)。
ちょっとだけですが、自分のなかでのなんちゃって感が取れて
少しだけ、自分の声が好きになれそうな気がした。
もっと、声に芯がほしい。その辺をこなせるようにがんばりつつ
自分なりの歌い方のスタイルを年内には確立したい。

昔、ピアノをやってた頃ですが
なんかのテレビで、誰やったかすら忘れたけど
有名なプレイヤーさんがインタビューを受けていて
音楽において自由を得たいのなら、まずは練習をすべきだ、って言ってたのが
強烈に印象に残っています。
ウデがなくても好き勝手に音楽を表現することはできるけど
それは結局、自分の囲いを出ることのない、制限された自由のなかでの表現。
自分のなかにうまれたイメージを的確に把握し、それを表現できるテクニックをみにつけて
はじめて、自由が得られるんだとおもいます。
自由を得るために練習してテクニックを身につけたり
いろんな音楽を聴いて引き出しを増やすということだと思います。
努力なしには自由は得られん、ってことです。
ちっちゃい頃は、くそおもんない練習曲をやらされては
「自由にいろんな曲弾かせてくれ」って思ってたけど
それは今思うと、自由を得るためのステップだったんかな、と最近思うようになりましたわ。
歳取ったんかな。。。
まあ、ちっちゃな頃はアメとムチ両方のバランスが大切でもあるんだろうけどさ。


なので、たまに、ほんのたまーに、ですが

即興でピアノ弾いたりした後に「うわ〜すごいですね」なんて言われたあとに

「それはきっと才能があるからそんだけできるんですよねぇ」とか言われると

ちょっと待て!、って。。


なにをもって才能と判断すればいいかわからないけど

音楽は好きだし、自分に向いてる表現形態だと思うけど

音楽的な能力に長けているかと言われると、かならずしもそうじゃない。



まずもって絶対音感なんてありゃしないので
小学生の頃はソルフェージュにさんざん泣かされて
聴音はやっとこさで身につけて
聴音だけじゃ足りないから、コード理論を勉強して
コードの動きから音を予測できるようにして、音感のなさを補った。
即興ができるほど音楽を知ってるわけでもなかったから
くさるほど音楽聴いて、いろんなアプローチ方法を真似をして、
それらを組み合わせて、ようやくそれらしいことができるようになった。
リズム感覚も弱い(てゆっかそもそも運動神経悪い)から
とにかくいろんな音楽を何回も聴きまくって、
いろんなリズムパターンをアタマに叩き込んで
カラダのなかに染み付けたってかんじ。


ひとつだけ、言えるとすれば

ものごとの輪郭を掴むのは得意なほうだったということくらい。


そやからさあ
努力しないヒトはオトナだろうとコドモだろうと、ちょっとなあ、ってかんじ。
ワシも大概面倒くさがりだけど
好きな音楽をするためには、それなりの努力はしてたとおもう。

というか

努力をしようと思えるくらいに好きなものに出会えたということが幸運だったとおもう。




今日もちゃんとピアノの練習しようね、ワシ、、っつうお話でした。。。
[PR]
by satton07 | 2010-08-19 00:41 | Diary | Comments(0)

Step upしたい。

b0024020_2254321.jpg


週が明けて今日から仕事。
休んでた分の仕事はたんまり机の上に。。おほほ。
病院出て近所の公園でリハビリどころか、
いきなりアルプス登山に連れていかれた感じ?
まあ、それくらいの連れ戻され具合がちょうどいいのかも。

本番が終わったのですが、2週間後にまた本番なのです。
しかも、今度はクラシックをやらないといかん。
われながらアホちゃうかとおもう。

昔お世話になった友人がピアノの先生をしてて
主宰してる教室の発表会に、ゲストで呼んでくれてん。。
で、せっかくの機会だしグランドピアノ弾けるしってことで
クラシック曲と自分のオリジナル曲を弾くことにしたわけですな。
ピアノ弾いててショパンが好きなら、写真の楽譜は何の曲か一発でわかると思うんですが
大して難しい曲ではないねんで、、ないんやけどさ。。。
クラシックをここんとこあまり弾いてなかったのと
ここんとこクラシック仕様にあまり指を鍛えてなかったので、
ちょっとこれから2週間で本格的に指をどないかせなあかんのです。


音楽でも仕事でも結局一緒なんやと思うんやけど
うまくいった、いい体験をした嬉しさをかみしめることは大事やけど、
かみしめすぎて浸ってしまうと
それは逆に成長を止めちゃうことになってまいます。
だからかどうかはわかりませんが
自分のなかには、つねに目標をふたつ置くようにしてます。
何か目標に向けて取り組んでるとき、その次の目標を同時にアタマにおいてるかんじ。
そうすることで、いまやってることに締まりが出るし
目標が達成されたときに、ダレないし
ダラダラさせずに自分なりにケジメをつけることもできるし。
で、それが達成されたら次の目標に最優先の照準を合わせてやってくかんじ。
で、その次の目標を定める、そのくりかえし。
最終的に向かいたい方向だけは、こころのなかにきちんと定めておいて
あとは、それに向けた小さな目標にそって努力を重ねるのみ。
今回のライブの準備もそんな感じでやってたから、
ある意味、ずるずるとならずにチャッチャとやって来れたような気がする。


まあでもクソマジメに努力だけする毎日ってのもつまんないので
けっこう息抜きに遊んでたりもするねんけど。。。

そうそう。「かもめ食堂」の荻上直子さんの最新作「トイレット」がもうすぐ公開ですな。
もたいまさこのおばあちゃん役、激しく気になる。。。
[PR]
by satton07 | 2010-08-16 23:21 | Diary | Comments(0)

ゆかいなPIANO☆SHOW@eトコ

b0024020_20323473.jpg



はい。そういうわけで!
お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!

いつもライブさせていただいてるeトコでの、夏のイベントでした。
今回は、さいたま在住のまつこふさんとご一緒に、故郷大阪でのライブ。
ゲストGuitar/Vocalに、まつこふさんの音楽仲間のひえっちさん、
ぼくの音楽仲間のgene-tさんをお招きしてのステージでした。
それぞれのソロありデュオあり、インストあり歌ものありの
まさになんでもありなライブでございました。
去年の、リットーミュージックのコンテストで
お互いの応募音源にギターで協力いただいたおふたりですので
まさに、コンテストつながりの、おもろいライブでした。
前日に顔合わせをして初めてリハをして
次の日に本番、という、あり得ない強行スケジュールのもと敢行でした(苦笑)。
正直、どうなっちゃうんだ!?と思ってもいたのですが
ハプニングもいろいろありつつでしたが(汗)
最後までどうにか、やりきりました。。
自分としては、緊張しつつもけっこうおもしろかったです。
正直なところ自分の演奏としては、まだまだ課題だらけで
聴きにきてもらった方に、申し訳ない!!!って感じることもあったのですが
楽しみながら聴いていただいてるのが伝わってくる場面もみえて
ありがたいの一言です。ありがとう。。。
これを糧に、次はもっとよいものを届けられるように、がんばるわあ。
MCが、思っていたよりもうまくいってよかった。。。
演奏よりむしろこっちのほうが気を遣います(いやほんまに)。

そんなわけでこの日のセットリスト(敬称略)。

(第1部)
1.The Anpanman!(matsucof & SUGAR)
2.ドラネコロックンロール(gene-t,matsucof & SUGAR)
3.イントロクイズコーナー
4.しゃぼん玉(matsucof)
5.ほたる(matsucof & ひえっち)
6.君をのせて(SUGAR)
7.Pineapple Street(matsucof & SUGAR)

(第2部)
1.ドリフ大爆笑のテーマ(matsucof & SUGAR)
2.Yokohama Date(matsucof & SUGAR)
3.Osaka Sunday Walkin'(ひえっち,matsucof & SUGAR)
4.リクエストコーナー(matsucof & SUGAR)
5.即興セッション&You've got a friend(matsucof & SUGAR)
6.Cool Off In The Summer Evening(SUGAR)
7.Mission Proposal!(プロポーズ大作戦)(SUGAR)
8.自転車(SUGAR,matsucof & gene-t)
9.Green Age(gene-t & SUGAR)
10.生まれ来る子供たちのために(gene-t & SUGAR)
11.TRUTH(SUGAR,matsucof,ひえっち& gene-t)

(Encore)
1.What a wonderful world(SUGAR & matsucof)
2.Daydream Believer
(SUGAR,matsucof,ひえっち& gene-t , special guest:あっちゃん(おおとバンド)


てなかんじ。
こうやって書くと、どんだけやるねん、って曲の量ですね。。。笑
なのに、ほとんどの方が、最後まで聴いていただいて
大感謝でございます。

個人的には、リクエストコーナーがけっこう楽しかったです。
なにが飛んでくるかわからないという妙な緊張感のもと
やっぱり来ました知らない曲が(笑)
前日に、「ローリングストーンズとかきたらどないしようねえ」とか話してたら
ホンマに、ストーンズのリクエストが。
すんません、やっぱしロックの引き出しはかなり少ないっす。
いろいろ交渉しつつ(笑)、
ロッドスチュワートの「Sailing」をさせていただくことに。
ああ、でもいい曲ですよね。
今度はストーンズのナンバーが少しでも弾けるように
いろいろ音源聴いときます。。。

あとは、やっぱし、Yokohama Dateですね。
ちょうど2年前、まつこふさんと初めてお会いして、
大阪でピアノ2台でセッションした曲です。
いつかジョイントライブしたいですね、と話していて
ようやく実現したこのライブだったので
個人的には、とっても嬉しかったです。

今回はVocalを取った曲が少なかったのですが
拙作「HOMEMADE POP」で、RECに参加していただいたまつこふさん、gene-tさんと
「自転車」を初めて3人で合わせることができたのも、嬉しかったです。
あと、アンコールのサッチモは
ボイトレの課題曲でもあり、
今回どうしてもまつこふさんの伴奏でやりたかった曲でした。
これからも丁寧に歌っていきたいナンバーだなあ、とおもっています。

gene-tさんの歌も、すごいよかった。。
コンテストでは、ギターでお世話になってたのですが
今回は、歌も歌われます。
歌がお上手で、なんというか、聴きいってしまうお声です。うらやましい〜!
「生まれ来る子供たちのために」は、
ピアノ弾きながら何度もゾクゾクってなりました。
いい曲だしね〜。

「TRUTH」では、ひえっちさんがエレキギターのソロをされて
いやあ、かっこええ、、、
この曲、2日間だけでは勿体なくて
もっと練習して、完成度を高めたいな〜とおもいました。
生ドラムも入れて。。。

アンコールでは、普段バンドで一緒にやっているあっちゃんをボンゴに交えて。
ぜひ、どこかで一緒にできたらええなあ、と個人的に思ってたので
バンドでもやってたこの曲で合わせられて、ほんまよかったな、、、と。
つぎはいつか、ドラムでセッションしたいな、って思ってるねんけどね。

このライブをやって、今回さらに強く感じたのが
音楽を通じた人のつながりの大切さ、かな。。。
音楽やるのに、テクニックや表現力とかそういうのも大事だけど
もっと大事なのは、人のつながりなんじゃないかとおもいます。
今回のライブ、1人で企画してたらぜったい実現してませんでした。
gene-tさんには、出演のみならず機材の設定から段取りから手伝っていただいたし
バンドでお世話になってるおおとさんには機材をたくさんお借りしたし
プログラムを考えるとき、
まつこふさん、そしてナイスギャグセンスの息子さんからは
かなりいろんなアイデアをもらいましたし
まつこふさんの旦那様には、PA操作のお手伝いをいただきました。
また、出演いただいたひえっちさんには、
お知り合いの方にたくさん声をかけていただいたそうでして
おかげで、eトコにも新たな方が何人も来てくださいました。
さらに、おたがいの人のつながりがあるからこそ、
ライブにも来ていただけるお客さんがいるわけだし
この日はあいにく観に来れなかった仲間からの励ましの連絡など。。
そしてeトコのみなさんにも。
そういうつながりに支えられてライブができたことそのものに、大感謝!!
そもそも、やる人だけでなく、聴く人もいないと、
本当の意味で音楽は成り立たないもんね。。。

この日は、定員を上回る44人の方が来ていただきまして。。
もぅありがたやありがたや。。
来てくれた皆さん、ありがとうございました☆

んで、出演の皆さん、ホントにおつかれさまでした
[PR]
by satton07 | 2010-08-15 21:46 | Diary | Comments(6)

明日はライブ

明日はいよいよ、この夏メインのまつこふさんとのライブ!
機材設営して、リハして、準備完了!
前夜祭でアルコールも入り(笑)、充電完了!
今回、めっちゃ楽しいライブになりそうな予感。
笑いと癒しをたっぷし届けられたらとおもいます。
さ、寝よう!
[PR]
by satton07 | 2010-08-14 00:49 | Diary | Comments(0)

平和のつどい@dios北千里パフォーマンスホール

平和を考えるつどいに、ゲストライブとして参加してきました。
普段とってもお世話になっている方のお誘いです。
オープニングアクトでお時間を頂いて、
15分ほどピアニカ&ピアノでライブさせていただきました。

ライブの前に、元ひめゆり学徒隊の新川初さんの講演。
戦争体験の話を聴くのは、よくよく考えたら中学生のときぶりじゃないかな、とおもう。
当事者の語る話だから、話が重くて、思わず耳を塞ぎたくなるような生々しさ。
ステージ後方でPAのお手伝いをしながらお聴きしてたのですが
後半はあまりの生々しさに、かなりしんどかった。。。
この後ライブできるんだろうか、って感じでした。
けれど、これがまがいもない事実なわけであって
それを知るということは、やっぱり必要なことなんだろうなあ、と。
たとえ小さな取り組みであろうとも、
続けていくことが大事なんだとおもいます。
そんな中でつながることの大切さを、直に感じることができたようにおもう。
思いを持って、イベントを運営されているスタッフの方と接すると
とても清々しい気分になります。自分も見習わなあかん。仕事的に。。

かなり長く続けられているとのこと。主催されてる方にはホンマに敬服します。

自分も、いちど沖縄を訪ねてみたいなとおもいました。
行ってみないとわからないことや、
行くだけでなく、住んでみないとわからないようなことも
きっと多いんだろうなあ、とおもう。


で。ライブ。

1.Wonderful Guys(西部警察パート2より)
2.Mission Proposal!(プロポーズ大作戦)
3.What a wonderful world(Piano solo)
4.The Anpanman!(アンパンマンのマーチ)

作ったアルバムに入れた曲を中心にやりました。
手拍子なんかも入れてくださって(てか、半分お願いしたんだけど。笑)
ぱっと観た感じ、楽しそうに聴いててくださったのが、うれしかったです。
やっぱし、アンパンマンとプロポーズ大作戦は、無敵!?笑
ちなみに、西部警察はアルバムに入れようとして、
諸般の事情により入れられなかった作品。
お蔵入り寸前だったのですが、この本番があったので、急遽レパートリーに。
意外とウケてよかったです!

メインを鍵盤ハーモニカでライブ演奏するの今回が初めて。
HAMMOND Pro44も、今回がデビュー戦。
だというのに、突如襲ったピアニカ不調も、軽傷ですみました。
前々日に、急遽アレンジを半音上げることで対応。
なので、データを少し編集。
半音上げて、若干雰囲気も変わりましたが
それはそれで逆にいい感じで、結果オーライでした。
普段のピアノと違って、自由にいろいろ動けるし(笑)
なかなか楽しかったです。
鍵盤ハーモニカ向けの曲ってあんまり見当たらないし
それ向けの曲をもっといろいろ曲を書いてみようかなとおもいます。
あと、ピアノで「What a woderful world」を弾きましたが
この曲をすごく好きな方がいらっしゃって
終わってから「まさか聴けるとは思わなかったので、ものすごくうれしかったんです」と
コメントまでいただけまして、、ありがとう〜。
CDのほうも、何枚か持って帰っていただけました。
見ず知らずの方に、CD欲しいですって言ってもらえるのって、かなり嬉しいですね。
しかも、演奏聴いてもらった上でなので、さらに。


そして!!
なんとなんと、メインは大山百合香さん。
モンゴル800の「小さな恋のうた」のカヴァーをされた方です。
あの曲、とっても好きでねえ。。カヴァーバージョンの方がお気に入りだったので
個人的には、ご本人にお会いできたということのほうがうれしかったのだが。。笑

大山さんは、非常に気さくな方で、優しさに満ちた印象でした。
声も透き通っていて、こころが落ち着きます。
ステージも、堂々とされていて、
お客さんとの掛け合いも上手!さっすがプロやな〜と。
自分なんか、たぶんかなり挙動不審なんじゃないかと思うんです。
せめて、お客さんと掛け合えるようになりたい!(→それがけっこう難しいんだが)
PA卓に座りながら、お手伝いの役割を忘れかけて(苦笑)思わず聴きいってました。

打ち上げも、あったかい感じでして
最後、大山さんと、イベント関係者でセッション。
バンドで一緒にやってるAちゃんも、ドラムで参加。
個人的には、いろんな意味でこれがかなり楽しかった。
大山さんのCDを聴きまくってて、
感極まって、泣きそうな彼の姿をはじめてみた気がする。
いや〜ほんまによかった!


というわけで、来週はいよいよeトコだ。

いいステージにしたいです、ね。まつこふさん〜。


b0024020_19313342.jpg

               ↑打ち上げにて。ありがとうございました〜♪
[PR]
by satton07 | 2010-08-08 19:32 | Live | Comments(0)

FRFをふりかえる

いや〜、今週はなんかしらんけど怒濤のように過ぎてった気がする。
FRFから帰ってきて、仕事はそんなにたまってたわけではなかったのですが
なにせ今日来週とライブ連打なので
仕事から帰ってきて、そのための準備で連日夜なべ。
もっと早くから計画的にすればいいんだろうけど
まあなんとかなるやろう、という超楽観スタイル。。。
譜面書きはほとんど終わってたけど
当日配布できるようにCDをこしらえたり
機材のリストをつくったり、段取りを考えたり。
いわゆる裏方仕事。
今の仕事もある意味イベント屋なので、慣れてるといやあ慣れてるんだけどもね。

そんなこんなで、ちょっとだけ隙間ができたので
憶えてるうちに、フジロックを振り返ってみようかとおもいまする。


初めての参加で、3日連続での参戦。体力的にはかなり疲れましたが
歩きまくってきっちりメシ食ったうえに
音楽のシャワー浴びまくったせいか
大阪に帰ってきてからは、調子はいいです。健康にいいかも、フジ。
行くにあたっては、それなりの投資ではあったけど、
それに見合った、いやそれ以上の刺激に満ちた3日間だったとおもいます。
行ってよかった〜。


今回観たライブはといいますと


☆7/30(Fri)
THE BAWDIES
ASH
Rustic Pans
THE XX
THEM CROOKED VULTURES
!!!


特に観たい!ってアーティストが少なかったこの日。
Rustic Pansだけはどうしても観ておきたかった。
ついにフジ出演ですか。関西勢では「はじめにきよし」なんかも過去出演してましたけど
山村さん率いるこのバンド、フジでも炸裂してました。
ひたすらアツい!なにがステキかって、スティールパンもさることながら
ワシはドラムスに首ったけだった。
ねちっこく絡んでくるグルーブに、テンションかなり上がります。
あと、この日は!!!がなかなかの新発見。
サウンドがいいな〜、つうか、踊れるこういうノリがいいなと。
THE BAWDIESの、チャラい感じのMCもステキでした。
若いバンドなのかな、こういうノリ結構好きです。



☆7/31(Sat)
LITE
TRICERATOPS
THEATRE BROOK
THIRD EYE BLIND
JAMIE CULLUM
TROMBONE SHORTY & ORLEANS AVENUE
ONE DAY AS A LION
EGO WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX


この日のマストはEGO WRAPPIN'とTHEATRE BROOK。そしてJAMIE。
THATRE BROOKの、佐藤タイジのあの独特なパフォーマンスと世界観。
やっぱしホンモノは違いました。いい!
けど、それ以上によかったのは、やはり沼澤尚さんのドラミングでした。
タカさんのドラムは、自分内のベストドラマーですかね。
自分のなかにあるグルーブのツボのスイートスポットを
ことごとく突いてくるのです。
スネアを打つタイミングが、ほんのちょっと後ろへずれてるのかな。
そこが絶妙で、聴いててじっくりノれます。
JAMIEは、CDで聴いてるのみで、CDでも充分いいとはおもうけど
これは、実際に観た方が何倍も楽しい!おもしろい!
ステージングがもんのすごい上手。お客さんを上手にのせるし
ピアノの弾きっぷりが、同性からみてても、惚れまっせアレは(笑)。
ナマピアノもよかったけど、ローズの弾きっぷりもけっこうかっこよかった。
BEN FOLDSをよりJAZZよりにしたかんじ、かな。
個人的には、こっちの方がより好み。
EGO WRAPPIN'は、予想通りの充実っぷり。
ボーカルももちろんいいし、なによりバックバンドが超強力。
ぐいぐい引っ張られるかんじ。
夜遅かったけど、テンションはかなり上がってました。
あとねー、TROMBONE SHORTYは予想外に良かった!
てか、サウスランパートストリートパレードみたいな
ニューオーリンズ系のジャズバンド曲がめちゃ好きなので
そういう意味で、ツボに入ったとも言えますね。




☆8/1(Sun)
SUNDAY MORNING JAM
OCEAN COLOUR SCENE
東京パノラママンボボーイズ
守屋純子SPECIAL BIG BAND FOR FUJI ROCK
DIANE BIRCH
moe.
SCISSOR SISTERS



この日はほとんど自分の趣味炸裂。
JAM系、ジャズ/ワールドオンパレード。
個人的には、この日が一番充実していたかな。
SUNDAY〜は、タイジさんが出ると前日のTHATRE BROOKのときに聴いてたので、
行ってみたら、キーボードに見覚えのある方が、、、なんと森俊之さんでした。
いやあ、ここで観ることができるとは。。。
Twitterで、腰を痛めたと知ったのですが、それを感じさせない楽しみっぷり。
あんまり目立ってはいなかったけど、確かにグルーヴィーだった。
あと、Vo.で参加してた城南海さんの声を初めて聴いたけど、いい声。
こころの中のいらんもんが浄化されるような、声でした。
そういや、川村結花さんが自身のブログで絶賛してはったっけ。
マンボボーイズは、かなりテンション大。酒も飲んでたので。
まあ、でも、ラテン系はかなり好み分かれる方なのかな、とおもいます。
ロックフェスまで来てこの人たちに会おう、と思うくらいだし
あの場に来てた人って、かなりマニアックな部類なんだろーな。
ここではあんまり書けませんけど
パラダイス山元のかなりシュールなギャグが、個人的にはかなりツボ。
「ボンゴ天国」では、CD聴いてる人には涙ものの、ゲストボーカル!!
うわ、ほんまもんや、、、ヒャーっ(笑)
守屋純子バンドは、予想通りのかっこよさ。THEビッグバンド!
守屋さん、なんだかめっさ強そうだった(笑)。
名うてのジャズメンを仕切ってアレンジ、曲を組み立てて引っ張っていくくらいなんだから
あれくらいの強さがないと、やっていけないんだろうなあ、って
聴きながら思いました。
全体的に、コード転換のしかたになんか特徴があるよなあ、って感じました。
それがどういうものなんかはよう説明せえへんけど。。
で、moe.の出待ち中にみたDiane Birch。あ、この人の歌、知ってるぞ。
てか、この人かなりCarole King好きなんだろうなあ、って思わせるフシがいっぱい。
コードの使い方とか、歌い回し方とか。
なので、個人的には耳馴染みのいい音ではありました。
で、この日のメインディッシュ、moe.。
JAM系のバンドに明るくはないけど、String Cheese Incidentは知ってて
アルバムも聴いたりしてたので、チーズと双璧をなすと言われるこのバンドを
一回聴いとかなあかんやろう、ということで。
なんじゃこの人たちは、、ってただただ驚くのみのインプロの応酬。
ジャムバンドのおもろいところって
どこへ連れていかれるかわからないようなワクワク感があることかなあ、と
個人的には思っているんだけど
このバンドはほんまに、次にどんなアドリブが飛び出してくるんやろか、という
期待感に溢れてるなあ、って感じました。
3時間聴いてなお、まだ聴きたいと思わせるこの引き出しの深さと多さ。
これだけでも、フジにいってよかったと思います。ほんまに。
そんな感じでかなり精神力も消耗したところで
最後のSCISSOR SISTERS。
雨もひどくなりだして、体力も奪われてたし、moe.の充実感も大きく
実のところ、最後はけっこう疲れてました。
すごいパフォーマンスやってんけど、力が出ねえ。。。
けど、やっぱし凄いなあこの人ら、って思ったのは、最後2曲。
疲れたカラダを強引に引き出されたように、踊れる曲でした。
最後は疲れてどうしようもなかったけど。。。



・・・てな感じ。
ロックフェスだし、ロック中心かと思いきや
実際行ってみたら、ジャズ/ワールドやら、クロスオーバー系の音楽もけっこう多くて
個人的にはとてもよかったかな。
ちなみにロックは自分からすすんであまり聴かない音楽だ。
嫌いではないけど、特別好きでもない、というか。
なので、正直なとこ、いいとかよくないとか、そういうのもようわかりません。
放っておいたら、たぶん自分から進んでCD買ったりはしないジャンルだとおもう。
ただ、今回みたいな感じだと
普段進んで聴かないような音楽も聴けて
ああ、そうか、そういう楽しみ方をするんか(自分はムリやけど。笑)、とか
たまに「おっ」てなるようなのに出会ったり
そういうのもなんとなく見えてくるので
それがフェスみたいなイベントのええとこ、かなと。


いろんな系統の音楽趣味の人と寄せ集まっていくと
それはそれでおもしろいかもしれへん。
来年も、行けたら、行ってみたいなー。ラインナップにもよるけど。。
[PR]
by satton07 | 2010-08-08 01:02 | Live | Comments(0)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

レイジールーズブギが流行..
by だいちゃん at 20:57
>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧