<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ライブ終えて

ひと息を、、、と思ってたんだけど

意外と日々それなりに慌ただしく過ごしています。

今週は仕事のほうがバタバタしてて

なんかあっとゆーまに過ぎてる気がする。。


来月のライブの練習もせなあかんし

ほかにもやらなあかんことがあったりするし

たぶん、当分こんな感じであっとゆーまに時間が過ぎていくのかなと思います。



まあ、楽しい意味でのあっとゆーまやし、ええねんけども。



ただ、曲を書くまとまった時間がほしいな〜と思う今日この頃でもあります。




そうそう。



今日の帰りの電車のなかで、向かいのシートに座ってた女性が


ファッションの話題でもりあがってたらしく


どこそこのブランドがどうの、って話しててんけど


たぶん、コム・デ・ギャルソンのことやと思うねんけど






どう聴いても「ギャル僧」にしか聞こえんくて、、、







「ギャル僧」




「ギャル僧」





「Comme des ギャル僧」






って、連呼してて。。。



般若〜波〜羅〜みたいな〜 とか


丈の短い袈裟? とか


メール打つんめっちゃはやいんやろな〜 とか




いろんなことを想像してしまい



寝ようにも寝られへんかった。。。
[PR]
by satton07 | 2011-02-24 23:10 | Diary

轟音ライブ2011@天王寺/シアトリカル應典院

バタバタしてるなかで更新が遅れちゃいましたが
日曜日は、2回めの轟音ライブ。

今回は、自分のお友達関係の方もけっこう来ていただけました。
来てくださった皆さん、ほんまにありがとうございました。
なかには、残念ながら都合で来られなかった方も結構いて
きっと来年もやりますので、そのときは、ぜひ、遊びに来てくださいね。

ライブ自体は、とても充実感のあるものでした。
事前に新聞で紹介されたこともあったんだと思いますが
当日は、定員の130人を大幅に上回る、180人近くの方が来場していただけたようで
とにかく、ありがたいお話です。
それだけでテンション上がりました(笑)。
そのため、立ち見になってしまったがゆえに
じっくり見られなかったもおられたのでは、と気がかりではありますが
それでも楽しんでいただけたとしたら、とても嬉しい。

観客として他のバンドを観させていただいたんですが
どのバンドもそれぞれに個性的で
上手下手という括りではなく、内面から湧き出る、訴えかけるものが
どのバンドにも感じられて
かなりレヴェルの高いパフォーマンスだったなあ、と
内輪のひいき目を差し引いてもそう思いました。
The 青空さんのパンクなノリもめちゃめちゃかっこよかったし
す☆ぎ☆なのダンスもグレードアップしててすんごくよかったんですが
個人的に一番印象に残ったのは、一番最初に出た、ゆうとおんバンドでした。
昨年出演したときよりも、
技術的に格段にレヴェルアップしてたこともビックリしたけれど
演奏する音からギンギンに湧き出るパワーに、終始圧巻されていました。
伝えたいものがあって、それがいい具合に爆発してるよなあ、と思って
とても楽しめました。
オリジナルの楽曲がとてもいいなあ、と思いながら楽しんでいました。
自分も、途中1曲だけサポートで出演させていただいたんですが
とにかくやってて楽しい!!

自分が出演した大音バンドも
いままでやってきたなかで、かなり納得度の高い演奏ができたかな、と思います。
反省すべきところはかなりあるのも確かなんだけども
それよりも、このステージにこのメンバーといい心持ちで
こうやって立てたことが心から嬉しかったので
それだけでもよかったとおもいます。
幸い、終わってから聴いた感想も
おおむね、いい感想をいただけてたので
ああ、パフォーマンスとして、よかったのかな、と
ホッとしました。
なにより嬉しかったのは
音楽を愛おしみながら、楽しそうにやってるね、という感想をもらえたこと。
それが一番大切なことじゃないかなと思ってやっているので
これはほんまに嬉しかったです。

JC.LEとしては、キーボーディストとしての出演。
周りのプレイヤーがプロやらセミプロな人なので
安心してのっからせてもらいながら(笑)、演奏させていただきました☆
とにかく、周りの音楽的な懐がめっちゃんこ深いので
こちらもこれでもかってくらいに本気だせるので、これはこれでとても楽しいです。
ヒートアップしすぎてちょっと崩れてしまったのが悔やまれるところだが。。
もっと冷静に技術も磨かないといかんなあという反省はございましたが
よかった、という感想もいただけたし、その点はよしとするか。。。苦笑


ひとを楽しませる演奏っていうのは
それなりに練習を積むことも大切だと思うのはいまでも変わらないけれど
もっと大事なのは、伝えるべきものを伝えられているのかどうか。
単に一生懸命さをみせることとはちょっと違うと思います。
そういう意味で、今回のライブでは
どのバンドにも、単なる「一生懸命やりました」的なものではなくて
それぞれの表現したい形が強烈に発信されていたように感じます。

来てくれたある友達に
ふつうの福祉系イベントなんかな、って思ってきてみたら
意外にもふつうのライブで
しかもかなりレベル高くてビックリした、と言われました。
これ、最高の褒め言葉だと受け取っています。
障がい者がかかわるイベントって、所詮はそんなイメージなんでしょうね。
そういうイメージをまずはぶっ壊したいなあ、と思っているから
このライブにもかかわっているわけだけど
そんなコメントをもらえると、かなり痛快ですね(笑)。

障がいがあるのにすごいねー、じゃなくて
そういうものを抜きにした、アートとしてのパフォーマンスになってるのが
なかなかおもろい、っていう感想をくれた友達もいました。

今後とも、続けていく価値が充分にあるイベントだとおもいますし
自分も、ずっとかかわり続けていきたいなあ、という思いを新たにしました。

2回めとあって、準備、進行ともにスムーズになったようにおもいます。
自分は、微力ながら実行委員会のメンバーに入ってるので
当日は出演者兼スタッフとして参加。
ボランティアで参加してくださった皆さんとか
司会のジャックさんとか
出演してくださったメンバーの皆さんの思いが共有されて、集結すると
こんな大掛かりなイベントの企画も、大変ながらもとても楽しいもんだなあと
改めて感じさせられた一日でもありました。

今回は、ほんとにいろんなひとのつながりや縁をつよく感じたライブでした。
きっとこれからも、いろんなつながりのなかで、
このライブも変化していくんだと思います。
また来年も、みんなでわいわいと楽しくできたらいいなあ、と
願ってやまないです。


このライブにかかわったみなさま、おつかれさまでした☆
[PR]
by satton07 | 2011-02-18 01:11 | 観に行ったライブ

あしたはがんばります

b0024020_021860.jpg



いよいよあしたは轟音ライブ。
ことしは、友達やら音楽仲間などがけっこう観に来てくださるようで
楽しみだけども、じゃっかんキンチョーする。

大きなライブとか、出番が何度かあるときは
写真のように、セットリストをつくって、楽器の脇に貼り付けております。
曲数こそ多くはないけれど
ひとつひとつが濃いので、しっかりやらねば。。。

去年はシンセ2台でいったけど、今年は1台。Nord一本で臨みます。


楽しいライブにできればいいなと思っております。


ではでは、会場にて、お待ちしておりますです☆
[PR]
by satton07 | 2011-02-13 00:20 | Diary

リーダーが新聞に載ったよ



かれこれ7年くらいやろかな?

自分もメンバーの一員として参加している、

大音バンドのわれらがリーダー、あっちゃんが

今日の毎日新聞、関西版の夕刊に載りました!!

しかも社会面にどどーんと載ってます。。すっげ〜!!!

ネットでも見られます。こちらから!!


いろいろな縁がつながって実現した今回の取材。

まさかこんな展開になろうとは!!!

人との出会いやそのタイミング、

んでもってその出会いが連れてくる新しいつながりというか

そういうものの必然というのかな

そういうものを強く感じる今日この頃です。



なんとなーく、形はみえないけれど

なにか大きなものに向かって呼ばれていってるような気がします。
(とか書いたらすごくイタい人みたいだが。笑)




メディアに載ったから、ナニが変わるというわけでなく

いつも通りに、楽しく音楽やってけたらな、と個人的には思っていますが

彼自身のことやバンドのこと、今に至る経緯を広く紹介してもらえたのは

一緒にかかわってる仲間として、友達として、バンドの一員として

とてもうれしく、ありがたいことだと思います。



で、その記事でも触れられてます、13日の轟音ライブ。

当日券が若干出るようですので

もし興味を持たれた方は、ぜひぜひおいでいただければと思います。


エネルギー充填して、今年もぶっ飛ばします。えへ☆




あ、あと。このブログの自分のプロフィールも更新してみましたよ。

振り返ってみたら、けっこういろんなことやってたんやなあと

時間の流れを感じる今日この頃。。。


んでは!
[PR]
by satton07 | 2011-02-09 22:01 | Diary

風邪っぽい!?

仕事でかかわったイベントも無事終了となり
ほっと一息、、、てな間も僅かで
夕方から、来週のライブのリハ。
メンバーのひとりが通う、ちっちゃな教会を借りてのリハ。
グランドピアノで。あ〜やっぱしグランドピアノはええわぁ。。。
いつか必ず手に入れます。手に入れてみせます(笑)。

で、リハ自体はすぐに終わって
その後飲み会でも、ってなったんやけども
気が緩んだか、今日は一日胃の具合が悪くて
どうも、風邪から来るやつ!?みたいで
カラダがダルくなってきて、こりゃヤバいぞ、って思ったので
涙をのんで直帰宅。
入浴剤入れてじっくりお風呂であったまって。
風邪薬飲んで。
ハラマキして。
だいぶカラダはラクになりました。
やっぱしちょっと疲れてたんかな。

お仕事の方は、とりあえず結果としては成功に終わったんじゃないでしょうか。
途中いろいろとハプニングはあったものの
最後まで、どうにか、無事に終えられました。
自分自身ももちろんそれなりには努力しましたが
それ以上に周りの上司やら後輩やら
ボランティアで関わってくれはった皆々様の協力が、非常にありがたかったです。
まあ、細かいことを言えばそんなキレイな話ばっかじゃないし
なんやねんそれ、みたいなことも多々ありました。
んが、イベントのフィナーレで、全員で手話コーラスをするという企画で
自分もピアノアレンジと伴奏をかって出たわけですが
会場一体で盛り上がったのは、久しぶりにこみ上げるものがありました。
そこはやはり、モノではなく、ひと相手のお仕事だからこその
充実感があるのではないかとおもいます。

月並みな思いですが
なにかを売ったり作ったりする仕事では
数字が仕事の指標になるんだと思いますが
教育みたいに、ひとの内面の変化にかかわる仕事では
そこにおるひとの表情が仕事の指標なんかなと思ったりします。
この時点でひっじょうにわかりにくい話なんだろうけど
最終的な結果(というより到達点)は必要なんだと思いますが
そこに至るプロセスを無視してはならない(むしろ重要)ってところが
こういう仕事のおもしろいとこなのかな、と思います。

商業音楽では括れない音楽の世界でも
よく似た部分があるんやないかなあ。。
かといって、自分の実力のなさをそのせいにするみたいな
格好の悪いことは思いたくもないけど。。。笑
[PR]
by satton07 | 2011-02-06 23:42 | Diary

たまりにたまって

ひさびさに記事を3つほど更新しましたよん。
よかったら、ずずいっと↓へスクロールしてってくださいまし。。。
[PR]
by satton07 | 2011-02-04 22:46 | Diary

ふっと

ある主張にたいして

理屈もわかるし、アタマではある程度納得できて

うんたしかにそれがいいんじゃないかなと思うんだけど



それでも、



なんかわからんねんけど、なんとなく、やだな〜、って、


思うことってないっすかね。





仕事なんかでそんなシチュエーションやったら、それでメシ食わせてもらってる以上

やめたくなけりゃ、まあしゃあない、って折り合いつけて

しぶしぶ従って、そのなかで出来る主張を探すねんけど。


そやけども、その



「なんだかよくわからんねんけど、なんとなく、やだな〜」っていう感覚は




えてして、自分のなかでは間違ってないことが多いねんよな。




なんだかわからん、くらいやから

なんの根拠もない話やねんけどね。




政治も経済も、最近じゃ文化にわたっても

昨今、白黒つけたがったり

シンプルにわかりやすくしたがる世の中ですが

そないに白黒つけまくったり、わかりやすくなるのも、どうなんやろ。


世の中にゃ、グレーもちょっと薄いグレーもダークなグレーも

いっぱいあるねんけど。。。


まあ、そんなことを気にし始めると

とっても話はややこしいし、面倒でわかりにくい話になるわけだけど

それだけシンプルすぎる世の中ってものも

自分からしてみたら、もんのすごく気持ち悪く感じるわけであります。

そもそも世の中のいろんな事情って

そんなに簡単に説明がつくほど解りやすい話ではないとおもいます。

だから解ろうと徹底的にがっつかいないと、解るわけないですもんね。

それでも、結果解らん、ってこともあるねんけど。。

ってことを、ぼくは高校時代の数学の受験勉強で学んでんけど(笑)。



、、、とか思ってるの、自分だけなんやろかね。。。
[PR]
by satton07 | 2011-02-04 22:10 | Diary

こんやは

b0024020_2174867.jpg


火曜にシチューを作ってて、
今週はほぼシチュー三昧。。
きょうは、残りのシチューを使ってパスタに。
ミルクを多めに入れて、スープ状にして
フェトチーネを絡ませて、スープパスタに。
激ウマ〜♪

きょうは、明日に迫った仕事の大きなイベントの準備。
担当になって4年めなのでさすがに慣れてきました。
200人近くのスタッフが動く仕事なんですが
自分の役割はその指揮と補助。
順調に準備終了。
思ったよりずいぶん早く帰れたので、家にてひとり打ち上げ。
明日一日、無事済んでくれることを願うのみ。。
[PR]
by satton07 | 2011-02-04 21:08 | おきにいりのお店

家族とコミュニティへの想いをひろげるライブ&トーク@eトコ

遅れての更新ですが、ひさびさにeトコでライブをさせていただきました。
こじんまりと、顔なじみの方もちらほらいる中でのライブ。
来てくださったみなさん、ありがとうございました〜。
今回は、むかし大音バンドでも一緒にさせていただいてて
自分の音源制作の際にもたいへーんお世話になっております、ジーンさんとのデュオ。
さまざまなつながりで、ここへ集ってきた人たちとともに
とてもあったかい時間を過ごすことができました。
ひととひとのつながりというのは、とてもおもしろいもので
さまざまな人間関係の中で、ひとは育っていくものなのかなとおもいます。
家族にしかできないこともあれば、家族ではできないこともあり
友達にしかできないこともあれば、友達だけではできないこともあり
隣人だからできることだってある。
ちょっと語弊のあるいい方かもしれませんが
家族というものも
血がつながっているかどうかは、それほど重要ではなくなっているような気すらします。
どれだけココロを満たしあえる関係であるかではないのかなと
そういう感じのことを思います。
んー、あまりまとまりのないコトバですね、すんません。
いや、まあ、つまりは
いろんな関係の中で生きている自分自身をもっと大切にしたいな、ということと
こうやってかかわりあえる人たちを大切にせやなあかんな、ということ、です。

そういう思いなんかを持ちつつ、この日はライブさせていただいたつもりです。
うまいこと伝わってれば、いいんですが。。

肝心の歌の方は、ボイトレ1年間の成果がちょっとは出た、、かな。
去年の今頃やったライブに較べたら、格段にレベルは上がっている(はず)。
けど、ひとつひとつの曲をもっとていねいに歌い込みたいなとも思った、かな。。

ジーンさん、お歌がたいそうお上手なので、思わず聞き惚れてしまいます。
ご本人もお好きという、小田和正やオフコースの歌が、かなりのハマりっぷりで
おもわず、小田さんかと。。笑
聴いてた方も、ライブ終わってからみんなゆうてはりました。
いいよな〜。
なんといっても、安心して聴けるというのが一番強いです。
うまく歌うより、聴かせる歌をうたうってのが最終目標なんだろうけど
いまの自分は、まだまだうまく歌うための練習に必死ですわ。


というわけで、この日のセットリスト。

☆1st stage
1. Just the way you are(Billy Joel)
2. In My Life(The Beatles) *
3. 今日もどこかで(オフコース)
4. Hello,my friend(松任谷由実)*
5. Green age(original:GENE)
6. A song for you(Leon Russel) *
7. 夏のしずく(大山百合香)
8. ROUTE 66 〜Happy Birthday to you (surprise attraction!!)*
9. そらをみあげて(original:SUGAR)*

★2nd stage
1. Joyful,Joyful(traditional)*
2. She's leaving home(The Beatles)
3. 遠く遠く(槇原敬之)*
4. 生まれ来る子どもたちのために
5. What a wonderful world*
6. 竹田の子守唄
7. タカラモノ(original:GENE & SUGAR)*
8.小さな恋のうた(MONGOL800)*

encore
1. たしかなこと(小田和正)
2. 卒業写真(荒井由実)*


*印のついた曲が、自分がメインボーカルを取った(またはソロの)曲。
一緒に歌った曲もありです。

じつは、この日のために曲を作ろう、ということになって
メールで歌詞やメロディのやり取りをして
1ヶ月ほど前から準備をしていました。
ようやく、ライブ前日に完成の運びとなり(笑)
この日に初お披露目をしました。
2人での共作なので
なかなかおもしろい感じに、ふたりのカラーが出たのかな、と思っています。
機会があれば、ちゃんとした音源にしたいところです。

あとは、サプライズ企画ということで
ちょうどこの近くに誕生日を迎えることになった、
eトコの元週末里子でもある、Sくんの誕生日にのっかって
1月生まれの人々をお祝いしちゃおう!という試み。。
曲目にはなかった、Happy birthday to youを
Route 66が終わると見せかけて、メドレーで突入☆
これで会場が一気に盛り上がったので、なかなか楽しかったですよ〜。
4拍子のHappy birthday to youは、意外と新鮮な響きで(笑)けっこうおもろかったです。
その続きで、久々にオリジナルの曲を人前でやりました。
「そらをみあげて」という曲。
広く皆さんに聴ける音源としては出してないものですが
Sくんとしばらく会えないことになり
なにかおくりものを、と思い
この曲を録音して、渡したものです。
ひじょうに、個人的な思いをのっけたものなので
公開するつもりもなかったのです。
今度会えたときには、できたらいいかな、と思っていたのですが
ちょうどこの日、いろんな事情が重なって急遽会えることとなり
それなら、ってことで
初めて人前で歌うこととなりました。
ひじょうに個人的なものだし
さまざまな背景も含めての今日だったので、ちゃんと伝わったのかどうか不安ですが
終わった後に、満面の笑みで絡みにきてくれまして
コトバではなかったけど、ああ、やってよかったんかな、、、と
勝手に解釈することにしました(笑)。
感謝すべきはむしろこっちのほうです。
Sくん、おおきに、ね。


いつも、いい時間を過ごさせてもらえますeトコさんに、いつもながら感謝。

またさせてくださいね〜♪
[PR]
by satton07 | 2011-02-02 01:07 | 観に行ったライブ


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧