<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

までいの力

までいの力

SEEDS出版 / SEEDS出版




「までい」とは、東北地方の方言で
「ていねいに、じっくりと、心を込めて」という意味のことば。
人口6200人の小さな村が、自分たちなりのスローライフを求めて
行き着いたことばが、「までいライフ」。
役場と住民が一体となって、この地方で大切にされてきた「までい」の心を真ん中に
とてもおもしろいまちづくりをしていく様子がレポートされています。
平成7年に、この町の総合計画を書き換える際に
核となる内容として取り上げたんですが、
その内容というのが
より早く、より効率的を基盤とした経済の充実でもなく
自治体競争に勝ち抜くことでもなく
「クオリティライフ(暮らしの質の高さ)」つまり、
住まう人々の「心のありよう」を核に据えようとしたことなのでした。
ちいさな自治体のデメリットを、逆にメリットとして考えたんですね。

地味でもいいから、ひととのつながりをだいじにしながら
自分たちのやりたいことを、自分たちのペースで
じっくりていねいに過ごすことが、自分の理想とする生き方で
それを実現させるべく日々過ごしているのですが
まさに、そんな生き方、というか、そんな世界をつくっちゃったんですよね。

学校の給食は100%地元の野菜。
給食のまえには、作ってくれた人への感謝もこめて
誰がつくったのかを紹介する時間があるんだそうです。

少子化対策の最大の推進策は、男女が手を取りあって作り上げる社会作りだ、と
役場自らが、男性職員に育児休暇を義務づける、パパクオーター制度。
なかでもおもしろいのは
女性の産休と同時に男性も産休を取得でき、
「産休を通じての子どもや配偶者とのかかわりは公務にも活かされる」という考えで
職務上は研修期間と位置づけて、昇給昇格に響かないようにしたところ。
そのかわり、復職したらパパの子育て日誌を提出しなさい、というのもまたユニーク。
役場が率先して、男性の育休取得のハードルを下げるキャンペーンをしたわけですね。
おかげで、世間体的な意識も徐々に消えていったそうです。

本屋や図書館がほとんどなく、本とのふれあいが都会に較べて圧倒的に少ないことから
子どもにも本とのふれあいを、ということで
全国の、読まなくなった絵本を飯館へ送ってもらう「絵本リレー」事業を始めたら
全国から10日間で1万冊もの本が集まったり。

そのほかにも
老人ホームのエネルギー供給には
里山の間伐材を用いた、チップボイラーを導入したり
公用車は電気自動車、しかも、空いてるときは
クリーンエネルギー啓発も兼ねて住民に貸し出されていたり。
町の公募債で、スクールバスを購入したり。

やってることは一見ありふれてますけど
その根底にあるのは
ひとを大切にしよう、自然を大切にしよう、という
住民の「こころ」にあるんよね。
行政は、その「こころ」を100%引き出すためのしかけをこしらえて
つながりをつくることに徹しているところ。



すごい自治体があるもんです。



その自治体っていうのは、いまやご存知の方も多いに違いないでしょう。



福島県の飯舘村です。



この「までいライフ」の話を初めて聴いたのは、3年前のこと。
東京出張のときに、研修の講師で招かれてたのが
村長の菅野典雄さんでした。
いい部分はじゅうぶんに活かし、
変えないといけない部分は、対話と思い切りの良さで上手に変える。
変えたそのさきの変容が、明確にイメージされているよなあ、と
当時のメモに書いた記憶があります。

あと、企業経営的(効率/迅速化)発想を重んじる
自治体の長が目立つ昨今にしてはめずらしく、
ものすごく教育的な知見があるひとなんやなあ〜、とも思いましたね。
それでいて、ビジネスの視点も忘れてないなと。
それもそのはず、村長になられる以前、酪農を経て
公民館の館長も務めておられたそうです。
山村部の小さな農村で、ふるくからの慣習が根強く残るなかで
農家の嫁をヨーロッパ研修へ誘う「若妻の翼」事業を立ち上げた経験もあるとか。
そんな事業を通して、地域のひとを育てながら
ゆっくり、じっくりと、「までいライフ」を実現させるための
土壌を作られてきたのかな、と思います。
このようなスタイルを確立するまでに
菅野さんが村長になられる以前の取り組みも含めると
実に20年近くの時間を要しています。
まちを育てるのは、ひとを育てるのと同じくらいに
ものすごい労力と時間を要することがよくわかります。
その辺は、自分の仕事での経験からもなんとなく、イメージできるものがあります。


ていねいに、安全で、安心に。
そんな村民の積み重ねと暮らしを、いっしゅんで吹き飛ばしてしまったのが
村民にはまったく恩恵も関係もない、原子力発電所の事故なのかと思うと
読みながら、なんともいえない気持ちになります。
ただただ、村の復興を願うばかり。。。
そして、自分もいつか、訪ねてみたいなと思う土地。


新聞やテレビからは観えてこない部分がたくさんみえてきます。
これを大阪にそのままあてはめるのは無理な話だと思うけれど
教育的な知見を活かしたこのコンセプトは、自治体が大きかろうが小さかろうが
適用できる話だとおもいます。
あとは、そこに先立つものとのバランスをどう保つか、なのかなと(それが難しい)。
ちなみにこういうコンセプト、個人的にはかなり共感できますね。


この本の代金は、村の復興に充てられるそうです。
興味があるようでしたら、ぜひぜひ、購入されてみてはいかがでしょう。
ほんまにいい本やと思うんで。
[PR]
by satton07 | 2011-07-21 23:05 | 読んだ本

FUJI ROCK FES. 2011

今年も参戦します。
1年かけて毎月ちょっとづつお金を積み立てて、
そしてこの3日間(厳密には前後2日間含むが)きもちよく散財。
去年初めて行ってみて、予想以上によかったし
開放感があるし、好きなアーティストいっぱい観れるし
てなことで今年も行くことに。
今年の出演者は、去年と違ってまたいい感じ。
個人的には、邦楽勢がかなり大当たり。

去年に引き続き
各日程で気になるアーティストをちょっと挙げておこうかしら。


7/29(Fri)
*大橋トリオ(12:30~)
 ちょっと気になってたアーティスト。この際生で観てみたいかも。
*サニーデイ・サービス(14:15~)
 おお、なつかしい!こいつはぜひともって感じ。
*ソウルフラワー・アコースティック・パルチザン(17:30~)
 ソウルフラワーユニオンのアコースティックスタイル。このメンバーってことは
 リクオさんも出演しはるってことでしょか。ゆるーく楽しみたい。
*COLDPLAY(21:30~)
 やっぱし有名どころは押さえておきたいところでしょうか。

7/30(Sat)
*clammbon(11:00~)
 でかいステージに出はるんですねえ。今まで観たライブは室内ばっかしなので
 野外でのパフォーマンス、楽しみ。
*OKAMOTO'S(10:20~)
  ここ最近よくラジオで聴くんだけど、ちょっと気になるところ。
*ハナレグミ(15:50~)
 やっぱしこれははずせないっしょ。
*岡林信康(17:10~)
 こんなイベントでもないとなかなか観られないような気がするので。。
*星野源(16:45~)
 もとSAKEROCKでしたっけ。去年だったか、春のイベントで
 ソロを初めて見て、なかなかよかったので、これはいいなと。
 あーでもBATTLESとやや重なり気味。悩みどころ。
*TODD RUNDGREN(19:00~)
 個人的にはこの日のメインイベントって感じ。ついに観れるぜ。
 ナマであの不思議なポップワールドをぜひ体験したい。
 (スカパラと重なってるのが悲しすぎるが)

7/31(Sun)
*ハンバートハンバート(11:30~)
 なぜに今年はここまでツボをつく人選なのでしょう。
*SHUGO TOKUMARU(12:50~)
 CD聴くだけではあんまし想像つかへんだけに、どんなライブするのかもっそい楽しみ。
*ラキタ(16:30~)
 BO GUMBOSのどんとさんの息子さんでしたっけ。ってゆう理由で興味あり。
*斉藤和義(18:50~
 なにかやらかしてくれそうな気がして、ちょっと興味ある。
 てか、ナマで観たことないんだよねこれが。
*YMO(19:20~
 今回のフジロックの、個人的メイン中のメイン。
 ステージが1時間もあるからね。いやあ、たのしみ。。
*BUDDY GUY(20:50~)
 あとのCHEMICAL BROS.と重なってるのがちょっとせつない。んー。。
*CHEMICAL BROTHERS(21:30~)
 やっぱし有名どころは押さえなきゃねということで。
*くるり(23:00~) TOWA TEI(0:00~)
 とはいえ、これも観ておきたい。GREEN STAGEからRED MARQUEEへの
 移動を考えると、どうだ!?微妙か。


書いてて楽しみになってきたぞ。むふふ。
去年行って楽しみ方をちょこっと会得したので
今年は事前の準備もかなりラク。
雨対策の買い物と、アウトドアグッズも用意完了。
一度行ってイメージをつかむと、なかなかやりやすいっす。
東京大阪の移動も
去年は行きだけぷらっとこだまのグリーン車にしたのですが
今年は帰りもこだまに。
時間かかるけど、グリーン車で快適なうえに、安いということもあって
のんびり余裕の旅になりそう。
あと1週間ちょっと。テンション上がりますなあ。
[PR]
by satton07 | 2011-07-19 00:16 | Diary

練習練習。

今日は一日、厳密には午後からですけど
家にこもってじっくりピアノの練習しました。
ピアノというより、弾き歌いの練習といった方がいいですね。
練習しながら、アレンジを組み立てます。
譜面にするのが面倒なので、
メモ程度にこさえたメロディーとコードをたよりに
何度も弾きながら、カラダで憶えます。
弾き歌いのアレンジを考えるときは
なるべく音を使わずに、奥行きができるような音が作れるように気をつけます。
面倒な作業ですが、だんだん出来上がってきて
弾きこなせるようになってくると、これがけっこうおもしろくて。
本番までにもうちょっとしっかり練習しようと思います。
がんばろっと。
[PR]
by satton07 | 2011-07-17 00:16 | Diary

べんりだわー

b0024020_21543950.jpg


8月のライブで、まつこふさんとデュオで演奏する曲の音取り。
いい加減準備しないと、いかん!!と思い。。
耳コピした音を確かめるために、補助的に鍵盤を使うんですが
昔はピアノの前で音を取りながら譜面に起こしていたのが
今回はまったくの楽器いらず。
iPhoneに入れた音源をプレイバックしながら
iPadのタッチピアノで音を取りつつ、譜面を書き書き。。
これなら、どこでも耳コピや譜面を書く作業ができますね。
いやーうれしい。


にしても、iPadはほんまにいろいろ使い方があって便利です。
いまのところは、ネットをみたり、こうやって音楽作りの補助機材として使ったり
ビデオみたりするのに使ってます。
iCloudがリリースされたら、iPhoneやMacとの同期も便利になるみたいなので
予定表とかメールとかをもっといろいろ活用してみようかとおもいます。
[PR]
by satton07 | 2011-07-07 22:03 | Diary

7月です

ここのところ、ネットをみるのはiPadで十分にことたりているので
パソコンを開けることが減りました。
スイッチいれたらすぐにネットを見られるというのが便利だなとおもいます。

で、こやってブログ更新してる訳ですが
そろそろ、夏のライブの準備もせねば。
8月の、平和のつどいでやる演目を決めねばなりません。
こんかいは、まつこふさんと一緒に出演なんで
自分のソロはそんなに多くはありません。
つうことで、いくつかに絞っていかないとあかんし
その練習もせな。。。。
音楽活動以外でもせねばならぬことがちょこちょこあったり
しかも、月末はフジロックに参戦なので
時間の足りなさは去年とあんまり変わらなさそうです。げげっ。

暑いし、どーしてもエアコンを使う日が増えがち。
エアコンの空気になれず、夏風邪なんやろか
どーもこの1週間咳が治まりません。
たまらんなー。
[PR]
by satton07 | 2011-07-05 00:40 | Diary

映画見て

スタジオジブリが
原発抜きの電気でアニメを作りたい、って書いた横断幕を作ってたけど
自分もさあ、できることなら
原発抜きの電気で打ち込みをやったりRECしたいわけですが
さあ、つくるぞ、と、パソコンとキーボードのスイッチいれても
無条件で原発ベースの電力配給しか選べないわけですよね。
電力配給の手段くらい、自分で選びたいです。
ここまで成熟した社会になってすら
電力配給が実質独占状態になってるということが
いろんなややこしいことの元凶のような気がします。

という前提の意識で

前から興味のあった映画「ミツバチの羽音と地球の回転」をみました。
山口県、祝島での原発建設をめぐる地元住民の日々と、国民投票で脱原発を実現させた
スゥエーデンの電力配給にたいする考え方を追ったドキュメンタリー。
いかに日本人が、
さまざまな手段によって政府あるいは電力会社あるいはメディアによって
情報統制を敷かれているのか、ってことを
なんとなく感じさせられる。

これからの時代、自分の身は自分で守っていけないといけないし
同時に、身の回りの小さなつながりが、これまで以上に大切になってくる、
なんとなくですが、そう感じている今日この頃。
[PR]
by satton07 | 2011-07-02 01:01 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧