<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年もいろいろありました

今年の年末は比較的ゆっくりしています。
年賀状ももう出し終えたし、掃除洗濯も済ませて
今晩実家に帰ってきました。
で、家で「クリスマスの約束」をちょっと遅れて観ました。
いや〜、すごいなあ。。豪華アーティストの圧巻のコーラスでした。
これだけのハードルの高いパフォーマンスを、短期間で完璧にしあげる。
プロの熱い思いと根性に、ただただ頭が下がる思いです。
せっかくやるなら、ここまでやりきらないと。
自分もいろんな意味で刺激をうけました。
どっちかっつうと音楽的な部分でなくて、生き方という面で。。

さて、今年もいろんなことがありました。
世の中的にも激動な一年だったんだと思いますが
個人的にも激動な一年であったといえます。
仕事の面では、異動があったり、いろいろと任される立場になったり
それだけでも通常ならちょっとした変化の年ですが
なんといっても、結婚することになったというのは
とりあえず人生的にみてもどえらい変化だと思われます。
あー、ちなみにですが
結婚するかー、となったのが今年の2月だったので
実に1年近く、ごくごく近しい友人以外には黙っていたので
なんとなーく、微妙にどうなんだろ、って感じで過ごしてた1年でもありました(笑)
けっこう、おもしろくもあったんですけどもね。


音楽活動の方はというと
1月にgeneさんとのeトコLIVEを皮切りに
11本のライブに出演させてもらいました。
今年は少ないかな、とか思っていたのですが
案外、出てたんですね(笑)。
轟音ライブも、2月と10月、2回ありましたしね。
個人的に思い出深いライブは、やっぱし、10月の轟音ライブですかねえ。
久しぶりにフルメンバー揃っての本番。
紆余曲折いろいろあっただけに、思い入れもやっぱり深く。
続けていくことと時間をかけることって
とても大切なことだと思います。
これからも大切にしたい考え方です。

来年は、3月に結婚式というのに
それまでにライブ入れちゃってるワタクシデス。
というか、結婚式自体、ライブみたいなもんですから(笑)
まあ、いいってことにしておこう。
結婚したら、やはりそれなりに生活は変わるでしょうし
いままでみたいに突然夜に呼ばれて徹夜、なんてことは
さすがに難しくなるかとは思いますが(笑)
基本的には、それぞれのペースは変えないつもりでおりますので
それ相応の対応をしていたけると嬉しいです。

で、気になる来年の目標なのですが
それは年が明けてから書くこととして
今年は、自分がこの先やりたいことについて
かなり具体的に見えてきた一年でもありました。
来年以降は、それも見据えつつ、生活していくことになるかと思います。
ま、その辺も年が明けてから書くことにしよう。

ではでは。。
[PR]
by satton07 | 2011-12-30 01:03 | Diary | Comments(0)

京都いいよね

って、ほんとにいまさらなんですが

この1年半くらい、京都に縁ができたこともあって
かなり京都に出かける機会が多くなったとおもいます。

関西で生まれ育ったものの
京都にはとんと縁がなくて
それまでで京都に行った回数はほんとに数えるほどでした。

この1年ちょっと、相方と遊びに行ったり飲みに行ったりするのは
ほとんど京都でした。
てか、大阪だと、なんとなく、誰かに会いそうで
どことなく羽を伸ばせない感があって
そういう意味でも、京都だと、そういうことを気にする必要もないし
仕事のこともすっぽり忘れられるので
気分的にもラクでした。

なにより、もともとお寺に仏像が好きで
適度に自然が残っていて、静かなまちなみとひとの距離感を求める自分にとっては
かなり肌に合った町じゃないか、と
ここへきてかなり新たな発見でした。
しかも、あのゆるーい雰囲気が自分のペースにぴったりあうのかな。
独特の古風な空気感も漂ってるけど、意外と嫌な感じはしません。
鈍いだけなのかな。。。
なんしか、大阪生まれで大阪育ちですが
大阪のペースにどこかついていききれない自分にとっては、
関西の盲点だったとおもいます(笑)
奈良とか和歌山、神戸には、やたら出かけてたんですが
京都にはあまり行かないって
ちょっと変化球な人なんですかね、自分って。

そこいらでライブやってたりコンサートやってたりアートイベントやってたり
美術館やら博物館が多いのも魅力。
なんというか、芸術とか文化が大事にされてるかんじ。
そういうのが好きな自分にとっては
そういうのがすぐ近くにあるのってたまらんなあ、っておもいます。

なんにせよ、おかげでずいぶん京都の町がわかるようになってきました。
昔は京阪と地下鉄の丸太町駅が同じ場所だと思ってた自分にとっては
京都の地理がわかるようになったというのは
とても画期的といえるであろう(笑)。

西陣も東山もいい感じで好きですが
一乗寺とか元田中らへんのエリアが一番落ち着いて好きです。
川もあるし疏水もあるし。
京都に、サブカルマニアな学生が入り浸るような
ちっちゃな食堂(カフェではない)を構えて
たまにちっちゃなライブや学習会みたいなイベントをやったりして
マイペースに過ごしながら住む人生を手に入れるのが、いまの目標だったりします。
[PR]
by satton07 | 2011-12-15 00:17 | Diary | Comments(0)

バタバタするね

この週末は、車検に出したり締切間際のアレンジをしたり
郵便局いったり、年賀状書いたりしてました。
この時期に年賀状書くなんて、たぶん就職して以来初めてかも。。
今年の年末年始はまちがいなく忙しくなるのがわかっているので
先手を打ったというかんじ。
仕事もさることながら
式の準備やら引っ越しの段取りなど
生活そのものをチェンジするための準備がなかなかに多いです。
とはいえ、その過程もなかなかにたのしかったりします。
いまの仕事がイベント屋だし
もともとなにかを段取りすることは嫌いではないので
友人知り合いに言われてたほどに
今のところ苦痛とかそういうのはなかったりします。
珍しいタイプなんかな。

家も決まったし、式当日のなかみを詰めていかねばなりませぬ。
これまで、友人の結婚式でこれでもかってくらい余興で演奏してきたので
出席する、という返事をもらった友人の関心ごとのひとつは
当日、こいつはなにをするんだ?ということらしい。
それは、、、きてもらったら一発でわかるかもですよ(笑)。。。
[PR]
by satton07 | 2011-12-12 23:59 | Diary | Comments(0)

ときをつむぐ ひとをつむぐ

中学の卒業文集のなかに、国語の先生がこんなふうなことを書いていた。






13歳の頃は、20歳がおとなにみえた

20歳の頃は、30歳がおとなにみえた

30歳の頃は、40歳がおとなにみえた

そして40歳のいま、やっぱり、50歳がおとなにみえる

おとなになれば、なんでもわかっていて

いわば、山の頂上に到達するようなものなんだとおもっていた


けれど、それはちがった


30歳になってもいろんなことで凹むし、悩むし、怒るし

そして40歳になっても、やっぱり、いろんなことで凹みもするし、悩むし、怒りもする


おとなになっても、それはやっぱりおんなじこと


けど、振り返ると、昨日より高い場所に来ていて

見晴らしはだんだんとよくなっていく

明日は、どんな景色がみえるんだろう









おおよそ、こんな内容だった(とおもう)。


当時は、ふーん、と思いながら、この文章を読んでいたけれど

時間を経て、ちょうど、このブログを読み返しながら

この言葉をふと思い出したのでした。





明日はどんな景色がみえるんだろうか

来年はどんな風に変わっているんだろうか

10年後は、どうなっているんだろうか

どんなひとと出会うんだろうか

変わらないものはカタチを変えながらも、

いまとつながっていくんだろうか





そんなことをおもいながら

ここで文章を綴りはじめてはや7年ちょっと。



始めたころは20代後半戦。

気がつけば、30代も折り返しの歳。





そのときそのときに感じたり、したいと思ったことにすなおにしたがい

導かれた「点」をひたすらにつないでいくと

そうか、いままでやってきたことに無駄なものはひとつもないんだな、と。







翻って


いまから5年前、2006年の12月7日。

僕は30歳になったわけですが

その日の日記に、こんなことが書いてありました。







この10年でどう変わるのかが楽しみだけど

できたら、もっといろんな人と出会いたい。

で、いろんなことを知りたい。

できたら、絶対的に安心できる存在とも出会いたい。

そして、ちょっとだけ誰かの役に立つようなことをしたい。









自分にしては珍しく

この言葉に、けっこう忠実にしたがってきた5年だったようにおもう。

この5年間でのいろんな人との出会いは

確実にいまの自分の過ごしかたや考えかたを変えたとおもう。


そうでなければ、自分でライブをしようとも

CDをつくろうとも

コンテストに出してみようとも

音楽の教職を取りに行こうとも

今の仕事をもっと究めてみようとも

いつかは音楽でひとが集まる場所をつくりたい、とも

おもわなかったんじゃないだろうか。







枕はこのくらいにして、本題にはいりますが



そんな多くのひととの出会いの中で

いまから1年半ほど前のことです。








「絶対的に」というと、ちょっと語弊があるかもしれへん。

35歳の今となっては、絶対的に、なんて言葉、気軽によう使いませんが

それでも、自分のアタマや意識ではなく、ココロ・無意識の部分で

ぴったりフィットする、自分を委ねることのできるひととであいました。

それは例えるとすれば、かたちのない空気のようなもので

思わず見逃してしまいそうな、そんな感覚でした。

根拠はないけど、わかるねん。みたいな。






自分は、だれかに束縛されてしまうことで

自分の活動ややりたいことが制限されることに対して

必要以上に身構える性格でした。

自分のことしか考える余裕がもてなかったとも言えるか。


なので、そういう「出会い」に対しては

あまり積極的ではない、というか

むしろ忌避していました。

(ま、そもそもモテないんですが)






僕はいまでも、自分のやりたいこと、生き方について

大まかな部分は変わらないし、変えるつもりもありません。

たぶん、基本的な性質もきっと変わらないのかなーとも思う。


けれど、ともに過ごしていくことで

そんな生き方のいくつかは、

自分たちにその思いがあるかぎりは

新たにカタチを変えて、引き継がれていくのでしょう。

それに、その生活の中で

いままで思いもつかなかった新しい考え方が結びついて

それこそ予想だにしなかったおもしろい道が拓けるかもしれません。

そう思うことができたし

このひととなら、それができそうだな、と

直感的にそう感じたのでした。






、、、と、いうわけで

延々長々おつきあいいただきありがとうございました。

とどのつまりは

来年3月17日、

僕とはまったく縁もゆかりもなかった京都にて

結婚式を挙げるっつう、ご報告でございます。





今となっては

大阪よりも神戸よりも奈良よりも

京都にどっぷりハマっていることも

あわせてお知らせすることとしておこう(笑)





あ、ちなみに誕生日ですんで、今日。。。

免許の更新もしてきました。ちょうどこれまた5年サイクル。

この5年の間にいろいろありました。

金色の免許証が青色になりましたし(笑)

5年後、40歳。

なりたい自分(たち)にすこしでも近づいていますように。。。
[PR]
by satton07 | 2011-12-07 20:00 | Diary | Comments(8)


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のコメント

>三重県民さん コメン..
by satton07 at 23:43
コメント1さんと同い年の..
by 三重県民 at 00:22
>8940eeeさん ..
by SUGAR at 00:59
はじめまして いつもそ..
by 今年41歳 at 17:44
最近ウチの地域でYAWA..
by ミラクルオヤジ at 22:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧