<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かん袋



堺の旧市街地、阪堺電車の御陵前駅近く。
たぶん、堺の人ならみんな知ってるであろう有名店。
くるみ餅自体は、堺の名物、というわけでなくて
泉州一帯で普通に売ってたりするんですが
ここのくるみ餅はとりわけ有名。
豊臣秀吉とも縁のある、けっこう由緒のあるお店。
ツボに入ったくるみ餅を持ち帰って食べるのもなかなかにいいけれど
このお店のおもろいところは、店内でくるみ餅を食べられること。
ノーマルのくるみ餅ももちろん美味しいんですけど
この店に来たら、氷入りくるみ餅がなんといってもオススメ。
くるみ餅の上にかき氷がのっかっただけなんだが
和菓子好きにはたまらん斬新さかもしれません。
餡と絡めて食べる氷は、、激ウマ。
宇治金時食べてるような感覚ですが
何ともいえないほどよい甘さです。
これを食べるために、けっこう遠方から来る人も多いみたい。。
おやつ時は日によってえらい混んでたりするので
自分は朝イチか昼前に行くことが多いかな。。





それこそ子どもの頃から食べてるけど
ずっと変わらん味、ってのが大変よろしい。

今の家からだと、自転車ででも行けるので、気軽に通ってたりします。
近くに、千利休で有名な南宗寺もあるので
寺社巡りとセットで行くのがいいかもねー。



かん袋
 堺市堺区新在家町東1丁2−1
 10時〜17時(売り切れ次第終了) 火・水休み
[PR]
by satton07 | 2013-05-17 23:25

そば ちく満




けし餅の小島屋のほぼ向かい。
ちょっと変わった、蒸篭(せいろ)蕎麦の店。
創業が元禄っちゅう、こちらも老舗。
子供の頃からたまに連れられて出かけてたので、そんなに違和感がなかったけど
よくよく考えてみたら、初めて来た人からしたら「え!?」って感じのお店かも。

とりあえず、店の佇まい。
写真だけだと、ふつうの蕎麦屋さんやけど
この周りを覆っているのは、でっかい工場かなんかの古いビル。
そのビルと一体化した建物。
外から見たら蕎麦屋さんとは見当もつかないかんじ。

お店に入ったら、番号札を渡されて
靴箱と座席を指定されるしくみ。
子どもがおったら、子どもは壁際にお願いします〜、てな感じ。
お店の中はちゃぶ台のあるお座敷。なかなかいい雰囲気であります。




メニューは蕎麦とお酒のみ。
蕎麦も、1斤と1斤半のいずれかというシンプルっぷり。
いわゆる蕎麦を想像して食べると、ちょっとびっくりするかもしれんけど
ここの蕎麦はふにゃっと柔らかいもの。箸でかんたんにちぎれます。。
ちょっと濃いめの出汁に、生卵を割って混ぜ入れるというスタイル。
何も言わずに出されるので、初めて来たらしき隣のお客さんは
若干戸惑ってました。。。



お味は、ネット上では賛否両論みたいですが
自分は、こんなスタイルもアリかなあと思います。
たまに無性に食べたくなるのです。
蕎麦の後のそば湯もおいしいし。
(濃いめのだしなので、そば湯で割ってちょうどいい感じ)
[PR]
by satton07 | 2013-05-17 23:24

堺名産けし餅本舗 小島屋



堺のお土産に、となったときに
遠方でなかったら持っていく品がこちら。小島屋のけし餅。
美味しいしぜひ持っていきたいんだが
いかんせん生モノなもんで。。。
けし餅の老舗は、小島屋と、小嶋本家芥子餅の2つあって
こちらは、百貨店なんかでも取り扱ってるので
目に触れる機会は多いかもしれやせん。

堺って、千利休の関係もあって、お茶の文化が発達した街なんで
和菓子もいろいろありますね。
お餅のまわりをけしの実でくるんだ、上品な味。
けし餅の原料でもあるけしの実は
南蛮貿易で栄えた頃に、インドから伝わったのが元になってるんだとか。
なるほどねー。

件のお店は、ちん電の走る大道筋沿い。
宿院の交差点からちょこっと南に入ったところ。
和菓子のお店の上、2階が喫茶室になってて
コーヒーやお茶をのみながら、けし餅を食べられるっちゅうのがいいです。



何度か通ううちに
お店のおばちゃんに顔おぼえられたみたいで
たまに声かけられたりします(笑)

辺りは市街地なのに、大丈夫か!?ってくらい静かで
それが逆に好きだったりするねんけど。
平日の昼間とか、いい感じのユルさで
路面電車がガタゴトと通っていくのを横目に、まったりできます☆


小島屋のけし餅は、堺とかなんばとか泉北の高島屋にも売ってるので
ぜひ一度賞味あれ。。。


堺名産けし餅本舗 小島屋
 堺市堺区宿院町東1丁1−23
 8時30分〜18時
[PR]
by satton07 | 2013-05-17 23:24

中国料理 花梨




中百舌鳥、府大近くにあるちいさな中華料理屋さん。
一番最初に中百舌鳥(というか、白鷺に近かった)に住んだときに
友達の紹介で知った店。
結婚して、再びこの界隈に住むようになって、すっかり御用達に。
本格的な広東料理やけど、けっこうリーズナブル。
なかなかいけます。





写真のような前菜はじめ
チャーハンも野菜炒めもスープもいけますが
なんといってもお薦めは餃子。
パリッとした食感で、食べやすい大きさ。
食べに行っても、なぜだか売り切れの時が多くて。。。
食べられたときの幸せといったらもう。

お店は、住宅街の中にひっそりと。
座席もそんなに多くなく、地元の人がおもなお客さん、という感じでしょうか。
堺に帰ってきたら、ぜひ立ち寄りたいとおもうお店のひとつ、になるであろう。。



☆中国料理 花梨
 堺市北区百舌鳥梅町3−34−8
 11:30〜14:00 17:00〜21:00 月曜休
[PR]
by satton07 | 2013-05-17 23:23

味の店 一番




ひとり暮らしを始めた頃からよく通ってたお店。
カウンターとテーブルがいくつかの、町の小さな洋食屋さん。
とんかつ専門店なんですが、ハンバーグとかクリームコロッケ、海老フライなんかもあって
特製のデミグラスソースがのっかって、どれも美味!

おすすめは、あえて、海老フライとクリームコロッケかな。
クリームコロッケのなかのクリームは、とろーっとして
これがまたごはんに合うのです。
よく仕事帰りに寄ってました。
たまたままたこの近くに住んでいる今も、
懐かしくてたまに仕事帰りに寄ったりしてます。
学生とか仕事帰りのサラリーマンが多いのがこれまたよくて
ひとりでも十分入りやすい敷居の低さです(笑)



☆味の店 一番
 堺市北区中百舌鳥町6丁882−3
 11:30〜22:20 水曜休
[PR]
by satton07 | 2013-05-17 23:22

お引越しまでカウントダウン

引越しまでいよいよ10日を切りました。
三十数年住んだ堺を離れて
いよいよ京都での暮らしが始まるわけでございます。
今回いろんな流れやらご縁がかさなって、京都に移住することになったわけですが
まさか堺を離れて京都に行くことになろうとは
数年前の自分からすれば、考えもつかなかったことです。
そもそも、勤めは大阪市内なのですが
仕事についてからも、一人暮らしをはじめることになったときも
なぜか、住むなら堺がいいなと思い
堺市内で住み続けておりました。
なじみがある、というのもあるのですが
なんだかんだといって、この土地柄とか空気が好きだったのが大きいと思います。
都会すぎず、適度に緩く
便利さを求めるなら、ちょっと足を伸ばして大阪市内に出ればいいし
緑が適度にあって、
市内でも北部は自転車で行動しやすいのも魅力。
旧市街地あたりに出ると、路面電車が通ってたり
まばらやけども、古い町並みも残ってたり
おいしい和菓子屋さんも多いし、、、
というわけで、なにか大きなきっかけでもなければ
堺を出て別のところに住もうとは思ってもみませんでした。

そんな自分が、
堺以外で住んでみたいなと思った場所がいくつかありまして。
いくつかの住んでみたいポイントがあって
・都会すぎず、適度にゆるい
・便利すぎず、不便すぎず
・緑や自然が多い
・自転車で行動しやすい
・歴史のあるまち(寺社仏閣とか古い建物とか)
・和菓子屋と渋い居酒屋と隠れ家的なカフェが点在している

といったポイントをほぼ満たすまちとして
これまで行った町で「ググッ」と来たのは、、、

・京都
・奈良
・鎌倉
・倉敷
・松本
・金沢
・高松

あたりでしょうか。
とくに、上から3つの都市は、かなりいい感じでした。
自分が首都圏在住なら、たぶん鎌倉に移住してるとおもう。
奈良も密かにポイント大ですよ。
「月曜から夜ふかし」じゃ、さんざん「奈良問題」とか言われて、
その微妙な不便さが挙がってましたが(確かに当たっている)。。
意外と、高松もよかったんですよね。
昭和の香りがそこかしこに残ってたりして。
あと、うどんが好きなもので。。。

なかでも、京都はやっぱり群を抜いてました。
そんな京都ですが、自分のなかでは
近畿地方の都市のなかでも、
京都に対してもともとそんなに積極的ではなく
むしろかなり消極的で、そもそも用事がないってことで
ほとんど行ったことがなかったのです。
たまたま、つれあいが京都に住んでたってことから
京都に行かざるを得ない状況の中(笑)、通い始めたという感じ。
観光気分というよりは
そこに生活してる視点で、自転車に乗って遊びにいったり
うろうろすることが多かったというのが大きかったように思います。
そういう目線で見てみると、あれ、案外っていうか
けっこういいやん、ここ、となっていったわけです。
堺と同じ条件を満たしながら、それ以上のポテンシャルがあるし
住んでみると意外と楽しそうかも、と思い始めたわけです。
そこで、あ、ここに住みたい、という決定的な出来事があって
(それはまた今度ゆっくり書くことにしますが)
結果として、京都に移住することを
本格的に考え始めることになったのでした。

馴れ親しんだ堺を離れるのはやはりどこか寂しいもんですが
まあ、ゆうても実家はこちらですし
逆に、「そと」から見た堺ってどう見えるのかな、とも思いますし
微妙に離れた故郷を愛でながら
あたらしい土地で、その土地のいいとこもそうでないとこも見つつ
せっかくなんで、じっくり腰を据えて楽しんでみたいと思います。


リアル上でもお引越しですが
このブログもそれにあわせてお引越し。
そちらもぼちぼちと準備を整えてますよ〜。
新しいブログは、京都のくらしとか
かたや、ふるさととなります堺のこととか
思いを込めて(笑)
つらつら書くような感じでいこうかと思いますので
引き続き、よろしうお願いします☆
[PR]
by satton07 | 2013-05-03 01:01 | Diary


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧