がんばらにゃ〜

b0024020_23552014.jpg



本日、ボイトレ。
アルバムに収録する予定の「自転車」をみてもらいました。
この曲、とにかく難しいねん。自分でつくっといてなんやけど(苦笑)。
何がむずかしいって、ボーカルが。。
2年近く前につくった作品なので、まだまだ今よりもつくり慣れておらず
自分で歌いやすい歌をつくる、という視点がまったくなかった当時の曲なので
とにかく、メロディ進行もキーの設定も
わたしのボーカル特性にとって、極めて不適切なわけです(笑)。
今後は、そういう視点でもって作曲していきたいと思っておる今日この頃なんですが
とはいえ、この曲のメロディは案外気に入っているので
やっぱり、歌いこなしたいよね、ということで
再収録を試みています。

で、実際久々に歌ってみたわけですが
やっぱし、キーが高い!
誰やねん、、こんなややこしい曲つくったのんは!?(笑)

トップノートが、真ん中のA♭なので
一般的な男声にとってはかなり苦しいところ。
それを裏声でカヴァーしてたんですが、
そこから跳躍音程でE♭に落ちてくるようなフレーズで
完全に撃沈です。
シングルバージョンで、よう歌ってたなあ、と我ながらおもいますが。。。
で、先生から、キーを下げてみないかと提案。
確かにそうかも、ということでキーを半音下げてG majorに。
オリジナルバージョンのA♭というキーがけっこう気に入っていたので
若干抵抗もあったんですが
Gにしてみたら、一気に世界が開けた感じです。
なにより、歌いやすくなったので、
いつもの自分らしい歌い方でできた!
曲の世界観、というか温度感も変わりました。
この曲、このキーだとどこか
「女子が歌ったほうが伝わるんでねえの?」と思わなくもなかったんだけど
キーを下げただけで、一気に男子っぽい勢いが出たかんじがする。

途中のメロディも少し変えて、自分の出しやすい音域にかかるように微調整。
どうやら、中低域の音になると、弱い声強い声のコントロールが、
まだうまく表現できないみたい。
その辺は発声練習で慣れるのみか。。。

というわけで、半音下げて再録音決定。
家に帰って、データを全て半音下げる作業。
MIDIデータは、デジタルな信号なので
ボタンひとつでカラオケチックに半音下げられるんだけど
オーディオデータとして録音したものは、
ゆうたらカセットテープに録音したような状態なので
ちょっと特殊な操作をせねばならんのです。
ピッチシフターというツールを使って、ピッチを操作して、音を下げます。
テープで言うと、回転数を下げるような操作、、、なんかな。
これを使うと、音の張りが若干低下するので
その辺は、別のプラグインをかませて上手いこと調整。
機械の力ってすごいよね〜。
機械でなんでもできるんだからこそ
やっぱり最終的に大事なのは技術じゃなくて、つくる人そのもののオリジナリティ。
それに尽きます。ほんまに。。つくづく。。。
技術は時間をかけて勉強すればある程度のことは身につけられますが
オリジナリティは、
常にいろんなものに触れて感じて考えるなかで育っていくもの。
そやけど、オリジナリティあるものを人にうまく伝えるためには
ある程度の技術が必要なことも事実だ。
自分にしかできひん表現を究めたいから
ボイトレに通ってる、つうわけです。

話それましたけど
今録ってる「自転車」は、アルバムバージョンに衣替えする予定です。
衣替え、ゆうても
元の服に上着を着せる、というような衣替えですが。。
まつこふさんのエレピに加えて、
今回コンテストでも手伝っていただいたgene-tさんのギターが入ります。
シングル盤を聴いた方が聴き較べたら
グルーブ感の変わりようが実感できることと思われます。
今回のRECに合わせて、マスタリングもし直すので
その辺の耳触り感の変化も楽しめるかもしれません。
コーラスも録り直すつもりなので
ちょっとはブラッシュアップした音源をお届けできるように
残りわずかな日数で、粘ってみようとおもいます☆
[PR]
by satton07 | 2010-02-03 23:55


どもー。


by satton07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Profile
音楽活動
Diary
読んだ本
観に行ったライブ
ウチのCD棚
ウチのCD棚♪ブックマーク
たび
おきにいりのお店

Bookmark

フォロー中のブログ

おキモノでSoul
chikazoのページ
音楽の杜
さっぷうけい。
Oh, My God!!!
日々のわたくし
できれば、平和に、すごしたい。

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusha..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧